ブログ
  1. ホーム >
  2. ブログ >
  3. 未分類

ブログ

廿日市の家 改装工事完了です

投稿日:2018年09月29日

長期にわたり改装工事をさせて頂いておりました廿日市のS様邸がいよいよ完成いたしました。

離れに娘さんご夫婦が住まれることになり母屋と合わせての改装工事でした。

ご両親は住みながらの工事でしたので大変だったと思います。

でもいつも笑顔で向かい入れてくださり棟梁や業者さんにも良くしてくださいました。

断熱材を入れたり窓をペアガラスに変えたり、補強工事を行ったり

キッチン・お風呂・トイレに洗面所の変更、床材の張替・天井と壁は調湿効果の高い湯布珪藻土塗り

など快適な生活空間へと変わりました。

変形した天井のお風呂には天井と壁にヒノキ貼りにしました

廊下には、弊社オリジナル「木楽庵」の家具を設置しました

造作洗面台

調湿効果の高い湯布珪藻土を使用

昔ながらの既存ガラスを使い風抜き小窓に

今年の夏は特に暑かったので色々な面でご不便をおかけし大変な想いをされたと思います。

これから娘さんご家族と共に幸せに暮らして頂けると嬉しいです。

本当にありがとうございました。

Sara この記事の投稿者:Sara
Sara
この記事の投稿者:
Sara
  • お問い合わせ・資料請求
  • イベント情報
  • リフォーム
  • 施工事例
  • 手仕事の家
    ページ先頭へ

    ていねいに暮らす。

    投稿日:2018年09月16日

    こんにちは。

     

    今日は「マッチの日」だそうです。

     

    1948年のこの日、配給制だったマッチの自由販売が認められたそうです。

     

    マッチは年に2.3回使うか使わないか、くらいですが、

     

    僕はあのほんのりとした明るさが好きです。

     

    今は便利になってきて、

     

    わざわざマッチを使うことは少なくなってきましたが、

     

    一つ一つの物に

     

    それぞれ良さがあります。

     

    それを大切にできたら、

     

    高価で良い物じゃなくても、

     

    とても豊かな生活になるんじゃないかなと思います。

     

     

    文章を短くきるだけで良い言葉感が倍増しますね。

     

     

    先日から工事が始まりました、廿日市Y様邸の工事です!

     

    解体が終わり、内部が綺麗に見えます。

     

     

    間取りや柱の位置を変える大型の改装工事になります。

     

    これから構造の補強・調整を行っていきます。

     

    大きな丸太の梁があり、とても迫力がありました。

     

    まだまだ工事は始まったばかりですが、

     

    引き続き頑張っていきたいと思います!

    せの この記事の投稿者:せの
    せの
    この記事の投稿者:
    せの
  • お問い合わせ・資料請求
  • イベント情報
  • リフォーム
  • 施工事例
  • 手仕事の家
    ページ先頭へ

    お出かけin埼玉県

    投稿日:2018年09月9日

    朝晩は少し冷え始めました。そろそろ薪ストーブのシーズンが近づいてきました。

    ということで、埼玉県へお出かけしてきました!

    「なぜ埼玉?」

    今回、2社訪問させて頂いたのですがどちらも、埼玉県だったからです!

    そのうちの1社は昔からお世話になってるダッチウエストさんです。もう1社は、最近お取引をさせて頂き始めたエイコーテレシスさん。

    今回は、ダッチウエストさんの新ショールームをご紹介させていただきます。(エイコーテレシスさんはまた後日!!!)

    ダッチさんのSRは埼玉県久喜市にあります。東京駅から電車で約1時間20分ほど。

    もともとがダッチウエストさんの関東物流センター(全国へ出荷作業をしているところ)でしたが、この度拾広いショールームを作られました。

    取扱製品全部が展示されており、常時6台に火を入れることが可能なショールームです。

    ショールーム内はこのようになってます。広いですね。

        

    その中でも、RAIS社のバイオニックファイアが目を引きます。

    「焚きたい!!!!!」とお願いしたら焚いてもらえました(笑)

    もちろん、冷房が効いた状態で!

    この機種は、炉が二つに分かれていて、温度が上がったら自動的に下に向かって火が出る機種になります。

    という説明をしても、たいていの方が「え???」という表情をされますので写真をご覧ください!

    まずは火入れ直後の写真です。

    上の炉に薪を置いて燃やします。きれいな炎ですね。

    そして、時間をおいて温度が上がったら自動でダンパーが閉まり、炎が下へ!!!

    下へ向かって伸びる炎は可燃ガスを燃やしている炎で、薪の炎とはまた違います。

    映像を載せたかったのですが、私にブログに映像を載せる技術が無いため載せれませんでした。

    また載せたいと思います。

    Mr.T この記事の投稿者:Mr.T
    Mr.T
    この記事の投稿者:
    Mr.T
  • お問い合わせ・資料請求
  • イベント情報
  • リフォーム
  • 施工事例
  • 手仕事の家
    ページ先頭へ
    1 / 3123
    お問合せ・資料請求