永本建設の家づくり CONCEPT(注文住宅)
ホーム > 永本建設の家づくり CONCEPT(注文住宅)

永本建設の家づくり CONCEPT(注文住宅)

永本建設の家づくり

夢をかたちに・・・

住まい手の夢を私たちが住まいづくりのプロ集団としてどこまで叶えられるか、
又お客さまの想像を超える感動を与えることができる家をお引渡しできればこの上ない喜びと思っています。
そのために日々切磋琢磨することが面白くて、楽しくて、夢も希望もある物づくりが仕事だと思っています。

夢をかたちに・・・

瀬戸の風土にあった家づくり

断熱性能を高め夏の遮熱と冬の寒さをしのぎ、瀬戸内の特徴である凪を少しでも快適に過ごすために通風には特に配慮したパッシブデザインを得意としています。
※パッシブデザインとは、特別な機械装置を使わずに、太陽の光、熱風などの「自然エネルギー」をそのまま利用して、快適な家づくりをしようとする設計手法。

瀬戸の風土にあった家づくり

木造住宅はエコロジーであるべき

地球環境にやさしい地域の木材(杉・桧・松)を地域の職人と共に造る
素材は化学物質を含まない自然素材が中心の家づくり
特に内装に使う湯布珪藻土の調湿作用は優れており住まい手の皆さんから大好評です。

木造住宅はエコロジーであるべき

木組みの家は職人が作る

家づくりが時代の変化で早く安くにと簡素化され、職人がいなくても簡単に家が造れる時代になってきましたが、
あえて永本建設では大工職人を育成し、いまだに墨付けや手仕事で家づくりを行っています。
そのため平気で梁や桁組を現しで使う事ができるのです。

木組みの家は職人が作る

住み継ぐ家

家は完成し、引き渡しが終わってからがメンテナンスの始まり、毎年春と秋に行う定期訪問をすることでお客様と
密着した関係を築き、住み継ぐことで変化してくるニーズに対応させていただき末永く家守りをさせていただいています。

住み継ぐ家

ページ先頭へ

家づくりのながれ

夢の我が家ができるまでをご紹介します。アドバイザー、建築士、コーディネーター、現場監督、大工、職人・・・とたくさんの専門家が、お客様の家づくりをサポートします。

1.まずは、気軽にお問合せ・ご相談ください

お客様の家づくりに対するご希望と、当社の家づくりがマッチしているかを見極めていただきたいと思います。お問合せフォーム・電話・FAX等で、ご相談ください。
お問い合わせはこちら

2.家づくりのイメージを共有します 顔合わせ・ヒアリング

当社の取り組みと姿勢の説明(顔合わせ・ヒアリング)
建物の構造・工法・材料などのハード面から、プランやご提案などのソフト面まで、ご説明します。
納得いただけましたら、土地の有無や形状、家族構成やライフスタイルなど、お客さまのことを聞かせてください。
実際の家や建築現場の見学
天然素材の感触、質感、表情を体感してください。実際に建てられた施主さんの家づくり・暮らし方についての生の声も聞いていただけます。建築現場では、構造や材料、職人の仕事ぶりを見てください。

3.納得いただけるまでプランします プラン

敷地調査・測量など
プランに先駆けて、現場調査や周辺環境を調べます。法的な条件なども確認します。
プランのご提案
間取り図や立体図で、お客様に確認いただきながら、必要なもの、不要なものを絞っていきます。イメージを具現化させ、プラスアルファのご提案を考えていきます。
資金計画
建築費の概算を提出します。材料や設備などご希望に沿わせながら、プランと予算を同時進行で調整していきます。

4.納得いただけたらご契約ください ご契約

数ある建築会社の中から、当社を選んでいただいたご決断と貴重なご縁に感謝申し上げます。施主さまの家に対する熱い想いを大切にします。
※本契約前に、詳細打ち合わせをご希望される場合は、設計契約をさせていただくこともあります。

5.具体的な部分を設計に落とし込みます 本設計・仕様詳細決定

法的書類と図面の作成に入ります。外壁や屋根、キッチン・バスルームなどの種類や色など、詳細な部分を決めていきます。家具の位置なども検討します。

6.いよいよ家づくりが始まります 施工

手続き・工事の着工
当社の専門担当者が、「地盤調査」「確認申請」「地縄張り(現地にて、建物が建つ位置を示す)」を行います。
確認申請の許可後、「基礎工事着工」「瑕疵保証配筋検査」を実施。ご近所の挨拶まわりもお任せください。
大工顔合わせ・祭儀
お客様の家づくりを指揮する棟梁との顔合わせ(大工は全て当社自慢の大工です)。地鎮祭、上棟祭を、ご希望により執り行います。
詳細打ち合せ
内装・家具などの素材や色、形など詳細打ち合わせを行います。
社内、現場、ショールーム、OB施主様を訪ねたりして、現実に近いイメージで内容を詰めます。電気の高さや個数、位置なども確認していただきます。
※工事期間中に、社長・工務責任者・営業担当者の立会いで、4回の社内検査を実施します。
1) 初期検査=構造材が納品された時点で検査
2) 中間検査=防水、構造の検査
3) 造作完了検査=建物完成の時点で検査
4) 完了検査=お引渡し前に、仕上がりの検査

7.施主検査をしていただきます 完成

最終仕上がりの確認と不具合などの検査を一緒にいたします。(上棟後、約4ヶ月で完成)

8.新居の鍵をお渡しします お引渡し

ここからが本当のお付き合いの始まりだと思っています。家の住み心地、これからのご家族のドラマを聞かせていただけるのを楽しみにしています。

9.困ったときにはいつでもご連絡ください アフターサービス

さまざまな保証制度を導入。まだ、入居後、定期的に点検をさせていただきます。

ページ先頭へ

ZEH普及目標

ZEH 受託率目標値(新築注文住宅・既築改修)

平成28年(2016年)6%
平成29年(2017年)12%
平成30年(2018年)24%
平成31年(2019年)36%
平成32年(2020年)56%

ZEH の周知・普及に向けた具体策

見学会等で一般のお客様へ向けてZEHの告知を行います。
ZEH仕様のモデルプランを作成し、提案を行います。

ZEH のコストダウンに向けた具体策

地域に合ったZEH住宅の仕様(外皮性能・設備商品)を設定、検討します。
コストパフォーマンスに優れた商品を採用するため、情報収集を行います。

その他の取り組みなど

ZEH住宅の勉強会に参加し、積極的に技術力を高めるよう努めます。
全棟機密検査を行い、C値0.5以下を目標とします。

ページ先頭へ

メンテナンス

家は完成したら終わりではありません。ここから、私たちとお客様との長いお付き合いが始まるのです。
永本建設では、皆様にご安心を提供できるよう、各種保証やアフターメンテナンスを行っています。
詳細はお気軽にお問合せください。→お問合せはこちらから

アフターメンテナンス

毎年春と秋に定期訪問を行なっています。
社員全員と業社さんと一緒に、ご希望のお客様のお宅を2日間でまわります。

保証制度

(1) 瑕疵(かし)保証
基本構造部分(柱・梁などの主要構造)の瑕疵(欠陥)に対して、安全で良質な住宅であることに責任を持ちます(10年間)。
工事期間中に、国土交通大臣登録住宅性能評価機関が数回にわたり厳しい現場検査を行い、主要構造部分の工事内容を細部までチェックします。

http://www.housing-h.or.jp/03kasi.html
(2) 住宅性能評価
構造や、火災時の安全性など、住宅性能を把握する制度。検査完了したら「住宅性能評価書」で住宅の性能を把握できます。

http://www.jutakuhosho.com/reason/index.html
(3) 地盤保証
最適な基礎工事仕様を提案・保証する地盤保証システム。不同沈下への対策と万一への備えで、10年間(特約により20年間)保証します。

http://www.shield-agency.co.jp/syouhin/index.html
(4) 完成保証
建築中住宅への不測の事態で、住宅の工事を継続できなくなった場合に、損害を最小限に抑えて住宅を完成させる制度(各種損害保険付保証)です。

ページ先頭へ

永本建設の家づくり CONCEPT(注文住宅)

永本建設の家づくり

夢をかたちに・・・

住まい手の夢を私たちが住まいづくりのプロ集団としてどこまで叶えられるか、
又お客さまの想像を超える感動を与えることができる家をお引渡しできればこの上ない喜びと思っています。
そのために日々切磋琢磨することが面白くて、楽しくて、夢も希望もある物づくりが仕事だと思っています。

夢をかたちに・・・

瀬戸の風土にあった家づくり

断熱性能を高め夏の遮熱と冬の寒さをしのぎ、瀬戸内の特徴である凪を少しでも快適に過ごすために通風には特に配慮したパッシブデザインを得意としています。
※パッシブデザインとは、特別な機械装置を使わずに、太陽の光、熱風などの「自然エネルギー」をそのまま利用して、快適な家づくりをしようとする設計手法。

瀬戸の風土にあった家づくり

木造住宅はエコロジーであるべき

地球環境にやさしい地域の木材(杉・桧・松)を地域の職人と共に造る
素材は化学物質を含まない自然素材が中心の家づくり
特に内装に使う湯布珪藻土の調湿作用は優れており住まい手の皆さんから大好評です。

木造住宅はエコロジーであるべき

木組みの家は職人が作る

家づくりが時代の変化で早く安くにと簡素化され、職人がいなくても簡単に家が造れる時代になってきましたが、
あえて永本建設では大工職人を育成し、いまだに墨付けや手仕事で家づくりを行っています。
そのため平気で梁や桁組を現しで使う事ができるのです。

木組みの家は職人が作る

住み継ぐ家

家は完成し、引き渡しが終わってからがメンテナンスの始まり、毎年春と秋に行う定期訪問をすることでお客様と
密着した関係を築き、住み継ぐことで変化してくるニーズに対応させていただき末永く家守りをさせていただいています。

住み継ぐ家

ページ先頭へ

家づくりのながれ

夢の我が家ができるまでをご紹介します。アドバイザー、建築士、コーディネーター、現場監督、大工、職人・・・とたくさんの専門家が、お客様の家づくりをサポートします。

1.まずは、気軽にお問合せ・ご相談ください

お問合せ

お客様の家づくりに対するご希望と、当社の家づくりがマッチしているかを見極めていただきたいと思います。お問合せフォーム・電話・FAX等で、ご相談ください。
お問い合わせはこちら

2.家づくりのイメージを共有します 顔合わせ・ヒアリング

顔合わせ・ヒアリング

当社の取り組みと姿勢の説明(顔合わせ・ヒアリング)
建物の構造・工法・材料などのハード面から、プランやご提案などのソフト面まで、ご説明します。
納得いただけましたら、土地の有無や形状、家族構成やライフスタイルなど、お客さまのことを聞かせてください。
実際の家や建築現場の見学
天然素材の感触、質感、表情を体感してください。実際に建てられた施主さんの家づくり・暮らし方についての生の声も聞いていただけます。建築現場では、構造や材料、職人の仕事ぶりを見てください。

3.納得いただけるまでプランします プラン

プラン

敷地調査・測量など
プランに先駆けて、現場調査や周辺環境を調べます。法的な条件なども確認します。
プランのご提案
間取り図や立体図で、お客様に確認いただきながら、必要なもの、不要なものを絞っていきます。イメージを具現化させ、プラスアルファのご提案を考えていきます。
資金計画
建築費の概算を提出します。材料や設備などご希望に沿わせながら、プランと予算を同時進行で調整していきます。

4.納得いただけたらご契約ください ご契約

ご契約

数ある建築会社の中から、当社を選んでいただいたご決断と貴重なご縁に感謝申し上げます。施主さまの家に対する熱い想いを大切にします。
※本契約前に、詳細打ち合わせをご希望される場合は、設計契約をさせていただくこともあります。

5.具体的な部分を設計に落とし込みます 本設計・仕様詳細決定

本設計・仕様詳細決定

法的書類と図面の作成に入ります。外壁や屋根、キッチン・バスルームなどの種類や色など、詳細な部分を決めていきます。家具の位置なども検討します。

6.いよいよ家づくりが始まります 施工

施工

手続き・工事の着工
当社の専門担当者が、「地盤調査」「確認申請」「地縄張り(現地にて、建物が建つ位置を示す)」を行います。
確認申請の許可後、「基礎工事着工」「瑕疵保証配筋検査」を実施。ご近所の挨拶まわりもお任せください。
大工顔合わせ・祭儀
お客様の家づくりを指揮する棟梁との顔合わせ(大工は全て当社自慢の大工です)。地鎮祭、上棟祭を、ご希望により執り行います。
詳細打ち合せ
内装・家具などの素材や色、形など詳細打ち合わせを行います。
社内、現場、ショールーム、OB施主様を訪ねたりして、現実に近いイメージで内容を詰めます。電気の高さや個数、位置なども確認していただきます。
※工事期間中に、社長・工務責任者・営業担当者の立会いで、4回の社内検査を実施します。
1) 初期検査=構造材が納品された時点で検査
2) 中間検査=防水、構造の検査
3) 造作完了検査=建物完成の時点で検査
4) 完了検査=お引渡し前に、仕上がりの検査

7.施主検査をしていただきます 完成

完成

最終仕上がりの確認と不具合などの検査を一緒にいたします。(上棟後、約4ヶ月で完成)

8.新居の鍵をお渡しします お引渡し

お引渡し

ここからが本当のお付き合いの始まりだと思っています。家の住み心地、これからのご家族のドラマを聞かせていただけるのを楽しみにしています。

9.困ったときにはいつでもご連絡ください アフターサービス

アフターサービス

さまざまな保証制度を導入。まだ、入居後、定期的に点検をさせていただきます。

ページ先頭へ

ZEH普及目標

ZEH 受託率目標値(新築注文住宅・既築改修)

平成28年(2016年)6%
平成29年(2017年)12%
平成30年(2018年)24%
平成31年(2019年)36%
平成32年(2020年)56%

ZEH の周知・普及に向けた具体策

見学会等で一般のお客様へ向けてZEHの告知を行います。
ZEH仕様のモデルプランを作成し、提案を行います。

ZEH のコストダウンに向けた具体策

地域に合ったZEH住宅の仕様(外皮性能・設備商品)を設定、検討します。
コストパフォーマンスに優れた商品を採用するため、情報収集を行います。

その他の取り組みなど

ZEH住宅の勉強会に参加し、積極的に技術力を高めるよう努めます。
全棟機密検査を行い、C値0.5以下を目標とします。

ページ先頭へ

メンテナンス

家は完成したら終わりではありません。ここから、私たちとお客様との長いお付き合いが始まるのです。
永本建設では、皆様にご安心を提供できるよう、各種保証やアフターメンテナンスを行っています。
詳細はお気軽にお問合せください。→お問合せはこちらから

アフターメンテナンス

毎年春と秋に定期訪問を行なっています。
社員全員と業社さんと一緒に、ご希望のお客様のお宅を2日間でまわります。

保証制度

(1) 瑕疵(かし)保証
基本構造部分(柱・梁などの主要構造)の瑕疵(欠陥)に対して、安全で良質な住宅であることに責任を持ちます(10年間)。
工事期間中に、国土交通大臣登録住宅性能評価機関が数回にわたり厳しい現場検査を行い、主要構造部分の工事内容を細部までチェックします。

http://www.housing-h.or.jp/03kasi.html
(2) 住宅性能評価
構造や、火災時の安全性など、住宅性能を把握する制度。検査完了したら「住宅性能評価書」で住宅の性能を把握できます。

http://www.jutakuhosho.com/reason/index.html
(3) 地盤保証
最適な基礎工事仕様を提案・保証する地盤保証システム。不同沈下への対策と万一への備えで、10年間(特約により20年間)保証します。

http://www.shield-agency.co.jp/syouhin/index.html
(4) 完成保証
建築中住宅への不測の事態で、住宅の工事を継続できなくなった場合に、損害を最小限に抑えて住宅を完成させる制度(各種損害保険付保証)です。
ページ先頭へ

  • 永本建設の家づくり
  • 湯布院珪藻土
  • お問合わせ・資料請求
  • 永本建設チャンネル
  • モデルハウスはこちら
  • 施工事例
  • スタッフブログ
  • ただいま施工中
  • お客様の声
  • 薪ストーブ
  • 漁民の森づくり
  • 永本建設株式会社公式 FaceBook
  • お問合せ・資料請求