ブログ
  1. ホーム >
  2. ブログ >
  3. スタッフブログ >
  4. スタッフ
> 広島注文住宅ブログ 『町なかハウスⅡ』

ブログ

広島注文住宅ブログ 『町なかハウスⅡ』  永本建設|広島県産材・外断熱工法の注文住宅、リフォーム、リノベーション

投稿日:2015年05月9日
はじめまして。
4月から永本建設のスタッフとして働くことになりました荒木と申します。
5月に入り、ブログにも少しずつお邪魔いたします。どうぞよろしくお願いします。
さて初めてのブログ記事は・・・
先日オープンした弊社モデルハウス『町なかハウスⅡ』について書いてみたいと思います。
まずはいちばんのお気に入り、寝室のご紹介から。
お家全体は窓を大きく設け、開放的な空間となっていますが、
この寝室だけはその反対で天井高や開口を抑えた落ち着いた空間となっています。
そのギャップがなんとも心地よく、また内障子からの優しい明りがくつろぎの空間を
演出してくれます。
こんなお部屋なら一日の疲れを癒してくれるのだろうな~と毎回妄想して楽しんでします。
続いては家の中心、リビングです。
広さは8畳プラス小上がりの和室4畳と決して広くはないのですが
リビングからつながるウッドデッキ、広い窓、そして床の木目方向と天井の梁の向きを
そろえることで、実面積よりも広々と開放的な空間に感じます。
また、リビング ~ 和室の小上がり ~ 出窓 と高さに変化をつけることで
空間に動きが生まれてきます。
大工さんの手仕事によるデザイン階段も空間に一味加えてくれています。
そして、最後に素敵なだけではない、住まいやすさに配慮したポイントを2つご紹介します。
1つ目は、洗面脱衣室の床です。

浴室からつながる床を一部タイル貼りとすることで、お風呂上がりの水滴も気にすることなく
バスタイムを過ごすことができます。
さらには、このタイル部分に洗濯機を設置することで、ホコリとの戦場となる洗濯パンを
洗面室から排除できるのです。

来場されたお客様からも大変ご好評をいただき、『家もこれにするわ♪』との声をあちこちで
耳にしました。
実用的で、なおかつおしゃれ♪
私も『自分の家もこれにしよう!』と密かに思っています。
2つ目は、トイレの壁です。
壁と天井は湯布珪藻土仕上となっていますが、腰の高さまでを板張りにすることで
お掃除が格段に楽になるように工夫しています。
板張りなので水ぶきもOK、いつも清潔を保てます。
男性陣にも奥様からの小言が少なくなるというメリットがあるかもしれません。

ご紹介したいことはまだまだありますが、長くなってきましたので
今日はこの辺で。。。
さまざまな知恵を働かせ、毎日の生活が豊かで快適に、そして何より
『お家大好き』となるようなお家作りのお手伝いをさせていただけたらいいなと思いながら
お仕事をさせていただいています。
今後ともよろしくお願いいたします。
モデルハウスはいつでも見学可能です。
ご来場の際は下記の番号までご連絡ください。
スタッフが対応させていただきます。
(0829-31-6655)
alucky
ながもと建設 この記事の投稿者:ながもと建設
ながもと建設
この記事の投稿者:
ながもと建設
  • お問い合わせ・資料請求
  • イベント情報
  • リフォーム
  • 施工事例
  • 手仕事の家
    ページ先頭へ
    お問合せ