ブログ
  1. ホーム >
  2. ブログ >
  3. スタッフブログ
> 酷暑とモルタル硬化

ブログ

酷暑とモルタル硬化  広島の木の家・注文住宅なら工務店|永本建設

投稿日:2018年08月3日

本当に暑い日が続いていますね…。

“熱い”と言ったほうが適切な気がします。

左官仕事と言うと現場では水を使うことが当たり前と言っても過言ではありません。しかしここ最近、蛇口をひねると数分はお湯が出続けます。それだけ気温が高いと言うことですね。

今回は暑さに関係するモルタル硬化についてお話していきたいと思います。

セメントと砂と水を配合して作るモルタルという材料についてです。簡単に言うとセメントと水が化学反応を起こして熱を発しながら硬化して行く材料です。

ここに余分な熱を加えることで硬化が速くなります。作業性が高まる様にも見えますが、水を下地が吸い込み過ぎたり、蒸発したりもあってセメントと水が十分に反応出来ず硬化不良となる訳です。

そんな気象条件のなか峰高K様邸の外構工事も大詰めを迎えております。

左官仕事が満載の外構となりました。

コンクリートの洗い出し、はけ引きの他に、玉砂利の洗い出し、石貼り、ブロック積み、ピンコロ積み…。

日陰を作るためにテントを張ったり、下地処理をしたりして対策を講じました。

施主様が気に入ってくれているのも嬉しい限りです。

これからも四季の変化、時間の経過を感じて過ごして頂けると幸いです。

ささか この記事の投稿者:ささか
ささか
この記事の投稿者:
ささか
  • お問い合わせ・資料請求
  • イベント情報
  • リフォーム
  • 施工事例
  • 手仕事の家
    ページ先頭へ
    お問合せ・資料請求