ブログ

ブログ

働き方改革への挑戦  広島の木の家・注文住宅なら工務店|永本建設

投稿日:2018年08月25日

建築業界のほとんどが公務員並な職場環境を維持しているところはまずないだろう。

弊社も社労士さんと相談しながら最低限な範囲はクリアーできるように就業時間を決めている状態です。

そんな中でも少しずつではありますが、改善に改善を加えて、残業が本当に少なくなり、有給消化もすすんできました。就業時間を減らしながら、いかに効率をあげ、仕事のクオリティーを維持するか?経営の課題ではありますが、効率を上げる分野と時間が掛かっても手を抜かない仕事をはっきりと区分することになり、「手仕事」を推奨する我が社では木組みや木材の天然乾燥などはじっくりと時間を掛けて差別化すること、その他の事業で効率を優先する。まずは現場管理の無駄をなくそうと新しいソフトを導入することになりました。

現場が始まるといろんな業者さんが入ります。そのたびに図面や地図をFAXで業者さんに一言添えてFAX用紙に書き込み送ります。のべ何十人に同じような作業をしいます。特に図面などはFAXで送ると線が細く見えないと郵送で送ったりしている訳です。

そこを関連業者さんが同じソフトを導入してクラウドに上げてみてもらうソフトの導入です。丁寧に一度作成してクラウドに上げれば、あとは電話で確認程度です。環境問題のペーパーレスだけでなく、業者さん側は無料ですし、現場でもどこでも仕事内容を確認できます。

又、顧客管理や会計に大きく関係する受発注にも使える優れもので、機能するようになれば大変効率よく仕事ができるようになると思います。

 

空いた時間で残業をもっと減らすことが出来れば、又はもっとクオリティーの高い仕事に回すことが出来れば政府がいう働き方改革ができるかもしれない。建設業界は絶対に無理と取り組まなかったら何一つ変わりません。一歩踏み出すこと、取り組むことに永本建設は挑戦していきます。

 

協力業者さんの中ではスマートフォンは無理だろうと思った人がサクサクこなし、写真ぐらい送れるだろうと思った私が送れなかった。(笑)業者さんも世代交代が始まり少しづつ若返っているように、時代の変化にしっかりと対応したいと思った勉強会です。

 

代表取締役 永本 清三 この記事の投稿者:代表取締役 永本 清三
代表取締役 永本 清三
この記事の投稿者:
代表取締役 永本 清三
  • お問い合わせ・資料請求
  • イベント情報
  • リフォーム
  • 施工事例
  • 手仕事の家
    ページ先頭へ
    お問合せ・資料請求