ブログ
  1. ホーム >
  2. ブログ >
  3. スタッフブログ >
  4. 社長の独り言ブログ
> 2月は露出の多いい永本です。

ブログ

2月は露出の多いい永本です。  永本建設|広島県産材・外断熱工法の注文住宅、リフォーム、リノベーション

投稿日:2019年02月9日

今日の全国放送の1時間半番組
『ヘイヘイホー!有吉は木を切る』の見て頂けたでしょうか?

 

桧の高齢級の木材を伐採させてくれる人を探すとこから、始まった今回のプロジェクト半年かけて制作したようなものです。

いろいろあったけど楽しくって体力的にもきつい取材でした。

もっと、林業について話したかった。
もっと、地域循環型木材の流通を取り上げてもらいたい。

湯来温泉の復活をもう少し取り上げたいなどあったけど。

終わってみて感じるのは協力してくださった皆様に本当に感謝の一言しか思い浮かびません。

最後にお風呂を人力で運ぶ時は芸人さんも全員力を合わせて治めることが出来ました。あのときは達成感ありました。
いや~物づくりって楽しいですね。
社員さんにも楽しさが伝わっていると思います。

 

そして第2弾は2月15日来週の金曜日になりますが、これも私の強い願いがかなった事例です。1年越しに誘いを掛けていた環境経済学者の枝廣淳子さんの講演会が開催されます。


「未来は地域にしかない。」と言い切る経済学者は一極集中で大手企業中止の現在の日本経済にどのような影響を与えてくれるのか非常に楽しみな講演会になります。

オープン参加です。どなたでも参加可能です。

そして第3弾は 2月25  日月曜日です。
これは建築の講演会です。

 

省エネ住宅、耐震住宅の重要性は誰しも理解しています。
しかし、今後そんな建物しか確認申請が許可されなくなると、今までの日本の住宅はどうなるのでしょうか?断熱性能は落ちてもアルミサッシより木製建具が合うのが日本の建物です。旅館や、土壁の家など残して行かなければいけません。全国ではそんな動きが始まっていますが、広島では誰もやろうとしません。それならば私がと声掛けしたのが「気候風土適応住宅の広島版」を造りたいと思っています。
私一人が申請してもできるのですが、工務店や設計士がいつでも使えるような使用にしたいのです。そうしないと意味のない共通仕様なのです。これが認定されれば、木造で出来る建物にドンドン応用ができるような気がします。いずれは伝統工法を継承する中で、限界耐力計算を用いた石場立てにの建築物にもチャレンジしたいと思います。

 

いろいろな仕掛けを常に考えていますが、なぜか今月に集中してしまいました。
興味のある方は参加していただけると嬉しいです。

代表取締役 永本 清三 この記事の投稿者:代表取締役 永本 清三
代表取締役 永本 清三
この記事の投稿者:
代表取締役 永本 清三
  • お問い合わせ・資料請求
  • イベント情報
  • リフォーム
  • 施工事例
  • 手仕事の家
    ページ先頭へ
    お問合せ・資料請求