永本建設株式会社

ブログ

レッドゾーン対策基礎

2021.09.6

8月の長雨で外部工事の工程が思うように進捗しない中、敷地全域が土砂災害特別警戒区域(急傾斜地レッドゾーン)内での建築がスタートしました。

築約40年の建物の建替工事となります。

この度は、建築物自体による対策を計画した為、特殊な基礎構造となっております。

写真奥に見える急傾斜地が崩壊した場合、建物が衝撃に対抗する為に様々な対策が施されております。

通常住宅の基礎床版の厚みが150mmの所、650mmにて設計されています。

これは建物重量を重くする事で土砂の衝撃に対する滑動を抑制する為です。

また、基礎立上部の地盤面からの高さは、通常420mmの所、750mmと高床設計となっています。

急傾斜地の土砂が堆積した場合、建物が埋没しないようにする為の対策です。

この度は敷地内に余裕が無く、斜面に近接していた為、斜面側は地盤面から2.9mの強固な鉄筋コンクリート造の外壁が設けられ、さらに堆積された土砂が建物を移動させようとする力に対抗する為、4mおきに控壁が設置されています。

この外壁は厚みが200mm、ダブル配筋にて設計された為、鉄筋の量も通常よりかなり多く使用されております。

裏側から見ると以下のような出来形となりました。

協力業者の基礎屋さんご対応頂きありがとうございました。

自然現象が相手な為、100%安心と断言は難しいですが、以前の無対策の建物と比較すると、かなり不安要素は軽減出来たのではないかと思います。

敷地に余裕が無い為、後続工事につきましても、様々な制約があり、施工や資材搬入の際に、協力業者の皆様にはご不便・ご苦労をお掛けしますが、引き続き宜しくお願い申し上げます。


営業設計

〒738-0024 広島県廿日市市新宮二丁目14番12号
TEL 0829-31-6655 FAX 0829-31-5855



〒738-0024
広島県廿日市市新宮二丁目14番12号
TEL 0829-31-6655
FAX 0829-31-5855


お電話でのお問い合わせ

TEL 0829-31-6655

受付時間:9:00~18:00
(毎週水曜・第四日曜は除く)

(c) 2020 nagamotokensetsu All rights Reserved.
イベント
お問合せ
資料請求
ページトップへ