ブログ
  1. ホーム >
  2. ブログ >
  3. スタッフブログ >
  4. 社長の独り言ブログ
> 消費税増税で冷えこむ日本

ブログ

消費税増税で冷えこむ日本  永本建設|広島県産材・外断熱工法の注文住宅、リフォーム、リノベーション

投稿日:2019年04月20日

風薫る5月のさわやかな風が私達を包み込んでいます。

気持ちいい日はいつまでも続きません。

半年先からは消費税導入の地獄がやってこようとしています。

あくまでも私個人の見解ですが。

 

 

増税すると日本の国力はますます下がってしまう。隣国の韓国のような経済状態、又はもっと悪くなってしまうのではと危惧しています。

それぐらい日本のデフレは深刻です。その原因と考えられるのは1997年消費税を3%から5%に増税したことで、一気に国内の消費が冷え込んだことが原因で赤字国債をバンバンと発行していく事になりました。
まさに負のスパイラルにはまり込んだ日本経済。グローバルな世界を目指して海外に市場を求めた国は国内の自給率を上げるでなく海外に頼りっぱなしの日本アベノミクスを批判することはしないが、トリクルダウン方式では日本の経済の大元である95%の中小企業までは恩恵を受けることはなく、大企業だけが輸出で利益を出している感じです。
特に建設業でもそれが現れてきました。大手建材メーカーが海外に実質的な本社機能を移行しようとしている。全国的な営業展開をしているメーカーも本社は東京だが、その上に企画会社をシンガポールに設立して利益は海外に流失している状況。そのうち外資系の会社に買い取られ、国内では不況になっていく。まるで現在の韓国の状態。
日本も危ない!

 

そんなことを言っているのが京都大学工学部教授の藤井聡氏。 この講演を聞いて納得することが多かった。彼は12年より安倍内閣の・内閣官房参与として公共政策の提案をし、内閣府、財務省と渡り合ってきた一人だから、萩生田氏もよく分かっている。

彼は真実を述べただけ。そうさせていない官僚には心がないと!
なぜ待ったなしの増税なのか?崖っぷちに国民を連れて行けないのか?腐敗した財務省なのか? そんな話を聞きもっと詳しく聞きたくなったので彼のfacebookや書籍を読んでいます。
本来であればTVや新聞の情報が詳しく知らせるべきですが、安倍政権で行われた報道規制、そして新聞は軽減税率と甘い餌を与えられている。真実は書けない訳だ。

そんな藤原聡氏をhttps://ja-jp.facebook.com/Prof.Satoshi.FUJII少し応援してみようと思われる人は是非facebookやYouTubeで検索してみてください。

代表取締役 永本 清三 この記事の投稿者:代表取締役 永本 清三
代表取締役 永本 清三
この記事の投稿者:
代表取締役 永本 清三
  • お問い合わせ・資料請求
  • イベント情報
  • リフォーム
  • 施工事例
  • 手仕事の家
    ページ先頭へ
    お問合せ