ブログ
  1. ホーム >
  2. ブログ >
  3. 未分類
> 追っかけ大栓継ぎ

ブログ

追っかけ大栓継ぎ  永本建設|広島県産材・外断熱工法の注文住宅、リフォーム、リノベーション

投稿日:2019年10月30日

今日は、来月上棟予定のN様邸を刻んでいます。棟梁が付けた墨を鋸や鑿を使って加工する作業です。この作業において重要なのが、手作業における精度で、「墨半分」の仕事が求められます。梁や桁を組んだ時に継ぎ目が一本の線にならないといけません。

手刻みで一番多く使われる継ぎ手が、追掛け継ぎで、ねじれや引っ張りに強いのが特長です。

刻む前の状態  今から刻みます。

墨に添って鋸目を入れます。

荒取りして、仕上げていきます。

完成

「墨半分」。

棟梁 abo この記事の投稿者:棟梁 abo
棟梁 abo
この記事の投稿者:
棟梁 abo
  • お問い合わせ・資料請求
  • イベント情報
  • リフォーム
  • 施工事例
  • 手仕事の家
    ページ先頭へ
    お問合せ