ブログ
ホーム > ブログ > 6月 2019

ブログ

新築戸建て工事状況と耐震改修リフォーム

投稿日:2019年06月29日

先日、大工工事も終盤にさしかかってきた現場をのぞかせて頂きました。

 

2階の吹き抜け部分の手摺を大工さんが加工されていました。

 

 

永本建設の手摺は杉材を使用して大工さんが手づくりで仕上げます。

 

一部階段の所の横格子手摺ができていますが横格子がとてもかっこいいです!!

 

こちら見学会がありますのでぜひ完成を見に来てください。

 

前回からの引き続きの耐震改修リフォームは解体が終わり、順調に進んでいます。

 

 

元々お店をされていた部分を部屋に変えたり、ユニットバスを設置したり

 

また『かべつよし』という耐震補強面材を使用して家を強固にしていきます。

 

最後に先日、久保アグリファームに家族で行ってきました。

 

平日で人も少なく広い敷地で家族4人ゆっくりとした時間を過ごす事ができました。

 

次男はやぎに草をあげるが大好きなようです!!

hirakami この記事の投稿者:hirakami
hirakami
この記事の投稿者:
hirakami
  • お問い合わせ・資料請求
  • イベント情報
  • リフォーム
  • 施工事例
  • 手仕事の家
    ページ先頭へ

    【職場体験生の臨時ブログ更新】

    投稿日:2019年06月28日

    初めまして。永本建設で二週間ほどお邪魔させていただいております、ドイツ・ミュンヘンのインターナショナルスクールから来ました職場体験生のY(16)です。永本建設恒例イベント『職場体験中にブログを書いてみよう』が発生したので、一日分拝借してブログを書いていこうと思います。

    人生初ブログだと思うとなかなか緊張しますが、がんばります。(きっと長いので、見出しをつけてお送りします。)

     

    海外歴11年ということで日本語がめちゃくちゃなまま体験させていただいておりますが、みなさんとても温かく、いい人ばかりなので、寡黙なドイツ人に囲まれて暮らしていたころと比べると天地の差があるように感じます。全十日間、コンテンツに富んだ職場体験カリキュラムのもと勉強させていただいているわけですが、今回のブログに一部内容を紹介していきたいと思います。

     

    どのようにして永本建設へ?

    下の写真は私の通う学校の校舎で、左側が新校舎、右側がもともと城だった旧校舎です。スタイリッシュなデザインの建物が最近多くできているドイツですが、日本に昔からある日本家屋・木造建築に興味があったので、ドイツの建築会社ではなく日本の、それこそ国産木材を使って家づくりをしているような会社をネットで探し始めました。「建築 木の家 職場体験」と検索し、ヒットしたのが永本建設さんでした。

    会社のブログで以前にも学生の受け入れを行ったことがあること、木造建築を行っていること、国産木材を使っていること、そして大工さんが一緒に働いていることを知り、ホームページよりお問い合わせして職場体験の受け入れをお願いしてみました。高校生で二週間という長い期間を前にそれまでいろいろな会社に断られてきましたが、永本建設は快く了承してくれました。自分の学びたかったことと会社の経営理念が結構マッチしていたので、受け入れてくれるのを知って大喜びしたのを覚えています。

     

    体験内容

    図面の解読をメインに、現場見学や工場見学、公共建築物見学、会議・講義の同席、ショールーム見学、CAD実習、建築模型実習などをさせて頂きました。

    永本建設が実際に建てた・建てている途中の建物を、図面を片手に見せていただき、工場見学では永本建設と同じように国産材を使ってものづくりをする建具メーカーのユダ木工(株)さんにお邪魔させていただきました。

    左から:新築平屋の家キッチン見学の様子、新築平屋の家外壁見学の様子

     

     

    体験日五日目の公共建築物見学には宮島・広島市内の有名建築物(厳島神社、千畳閣、おりづるタワー、基町高校など)をたくさん見て回り、非常に楽しい&勉強になる一日を過ごさせていただきました。お昼に食べさせていただいた宮島名物あなご飯、ものすごくおいしかったです。ありがとうございます。

    左上から:五重塔、鳥居、おりづるタワー階段、おりづるタワー屋上、基町高校玄関

      

        

     

    他にも、社長の大学講義に同席させていただいたり、他社の工場・ショールームまでも見学させてもらったりと、普通の職場体験ではなかなか味わえない時間を過ごすことが出来ました。大学講義で社長が話されたこと(会社の経営理念)は初日にも話していただいたものだったので、深いイイ話をディテール増し増しで二度も聞けてすごくありがたかったです。ビジネスの授業を取っている身としては非常に勉強になる話でした。

     

    勉強したこと

    建築が好きといっても専門的な知識は皆無だったので、今回の職場体験で教えてくださった事柄すべてが新鮮で、興味深かったです。

    たとえば、法関連。建物一戸建てるのに(気が遠くなるような)確認作業が行われることや、建物の位置を考えるときに考慮しなければならないことなどの大体を数時間かけてレクチャーしてくれました。

    加えて図面関連も詳しく教えていただくことが出来ました。細かい設備の配置や窓の大きさ・位置・種類、間取りをどう図面から読み取るかを教えてくれました。不動屋さんでよく見る間取りの図よりも複雑で枚数も多かったので読み解くのに時間がかかりましたが、今ではすすいっと読めるほどになったと思います。

    それから、初めてCADに触りましたが、なかなか単純なようで複雑だったので、使い方を覚えるのに一番時間を要しました。根気強く、つきっきりで教えてくださった吉原さん、ありがとうございます…。

    もう一つ、プランニングについてもいろいろと習うことが出来ました。プランを立てる順序やクライアントの要望に沿ったデザインの考え方、方角に合った部屋の位置づけに屋根の形(家の陰り)等を教えてもらいました。比較的簡単だと思っていましたが、じゃあ早速地図に間取りを書いてみようと言われ、よしと思って始めても全然うまい具合に行かなくて結局一週間かかりました…。あと、テレビとかでたまに聞く一尺・一間・一畳・一坪はこの時習いました。

     

    最後に

    会社の経営理念である、地域に貢献できて環境とも共存できる建物づくりという思いは、建築業界全体が今大切にすべきことであると感じました。量産・安価・時短で利益を重視するよりも、量より質というように、手仕事で行われる、エコフレンドリーでクライアントだけでなく地域もハッピーになるような家づくりもとい姿勢は、持続可能なビジネス(sustainable business)が求められる今の社会のなかでは非常に先進的であると思います。晴れて建築士になれた際にはぜひこの理念を参考にして建物を設計していきたいです。

    持続可能なビジネス(サステナビリティ)とは、地球・地元のコミュニティ・社会・経済などへの悪影響が最小限であり、現在・将来にわたり社会と地球環境を保持し続けることができる企業のことを指します。

    =社会(人)・経済(全体の利益)・環境(地球)にやさしい会社

     

    ものづくりの世界ではいろいろなものを見てきたほうがアイデアにもっとバリエーションがあって有利だと聞いたので、機会がたくさんあるうちにもっと勉強して、他の建築士志望の人より一歩先にスタートラインに立てるよう、頑張りたいと思います。受け入れてくださった永本建設さん、大変お世話になりました。ありがとうございます。

     

    追記:トライアスロンの観戦・打ち上げ、とても楽しかったです!

     

    ながもと建設 この記事の投稿者:ながもと建設
    ながもと建設
    この記事の投稿者:
    ながもと建設
  • お問い合わせ・資料請求
  • イベント情報
  • リフォーム
  • 施工事例
  • 手仕事の家
    ページ先頭へ

    Y様邸リフォーム工事

    投稿日:2019年06月27日

    4月から始まったリフォーム工事も終盤になってきました。

    昨日からボードを貼り始めてどんどん部屋になってきています。

    先日取り付けた階段の手摺なんですがお施主様が見にこられてとても喜ばれていたので良かったです!

     

    木工事もあと少しですが頑張りたいと思います!

    大工 濱崎 この記事の投稿者:大工 濱崎
    大工 濱崎
    この記事の投稿者:
    大工 濱崎
  • お問い合わせ・資料請求
  • イベント情報
  • リフォーム
  • 施工事例
  • 手仕事の家
    ページ先頭へ

    大規模リフォーム終盤

    投稿日:2019年06月27日

    現在府中町でリフォーム中のY様邸は大工工事が始まり3ヵ月が経ちました。

     

    外壁は現在塗装中で内部の工事もようやくゴールが見えてきました。

     

    ボードを貼り出すと一気に出来た感が出るので楽しいです。

    棟梁 ぼろん この記事の投稿者:棟梁 ぼろん
    棟梁 ぼろん
    この記事の投稿者:
    棟梁 ぼろん
  • お問い合わせ・資料請求
  • イベント情報
  • リフォーム
  • 施工事例
  • 手仕事の家
    ページ先頭へ

    平屋のおうちと子供椅子

    投稿日:2019年06月24日

     

    先週末に完成見学会をさせて頂いた平屋のおうち、T様邸。

    本日竣工写真を撮影してきました。

     

    室内に入ると、かわいらしい椅子がちょこん。

    棟梁が余った材料で、お子様のために作ってプレゼントさせてもらったそうです。

    うしろ姿もかわいい。

    アクセントになっているダーク色の木栓ですが、
    この家のアクセントもこの色になっていて、おそろいみたいでとっても可愛い。

    棟梁の愛を感じました。

    明日にはホームページに完成写真をアップしますので、
    T様邸の全貌をお楽しみに。

    かじたに この記事の投稿者:かじたに
    かじたに
    この記事の投稿者:
    かじたに
  • お問い合わせ・資料請求
  • イベント情報
  • リフォーム
  • 施工事例
  • 手仕事の家
    ページ先頭へ

    原点に戻る

    投稿日:2019年06月23日

    広島で昨年完工した神社の竣工際に寄ったと京都の宮大工の横川社長がわざわざ寄っていただいた。30年前に地元の速谷神社の建て替え時に棟梁の岡本さんに大変お世話になった。

    その時の経営面と設計を任されていたのが当時はまだ20代の横川社長、まずは懐かしい!

    思い出話に花が咲く!  棟梁岡本の生き様の話になるとヒートアップする。厳しかったが、人を育てる愛情があったよな!
    「人を育てることが出来ないと自分達が作った社寺を100年後に修復してくれる人がいなくなる。途中で辞めていっても又、一から人を育てる。「流水に文字を書くかごとき儚い仕事」そんな話から新しい名刺を頂いた。

    岡本イズムが刷り込んだ名刺

    「 見えるところは当たり前

    見えないところほど気配りをせなあかん

    それが建物を強固にし

    百年、二百年と美しさを保つことが出来るんや 」

    匠弘堂 宮大工初代棟梁 岡本 弘

     

    岡本さんの口癖だったよな!

    これが我々の原点だと広島の酒を酌み交わしながら交流を深めることが出来た。

     

    匠弘堂さんは昔ながらの技法を伝授しながら自社の大工だけでなく他の工務店の大工さんにも宮大工の仕事育成の勉強会を開催されるなど高く評価され

    第四回「これからの1000年を紡ぐ企業認定」

    https://social-innovation.kyoto.jp/spread/3243

    詳しくはHPを見て頂きたい。

     

    目先の仕事だけでなく100年先を見越した企業と京都で評価されたようだ!

    おめでとうございます。

     

    そんな素晴らしい会社の社長さんに生意気にも始めてお会いした時に先輩面をして

    「いつまでも下請け孫請けでも腐ったらダメ、エンドユーザーである神社や寺の事を考えながら仕事したら、必ず元請になるから・・・」

     

    当時自分の願望を言ったようだが、まさに現在はそうなっているようだ!

    神社の元請ってすごいよね!

    これからもお互い頑張りましょう!

    永本建設株式会社 永本清三

    代表取締役 永本 清三 この記事の投稿者:代表取締役 永本 清三
    代表取締役 永本 清三
    この記事の投稿者:
    代表取締役 永本 清三
  • お問い合わせ・資料請求
  • イベント情報
  • リフォーム
  • 施工事例
  • 手仕事の家
    ページ先頭へ

    石積のひんぷん

    投稿日:2019年06月22日

    こんにちは。

    本日、廿日市市丸石の見学会にお越しいただいた皆様ありがとうございました。

    明日も、廿日市市丸石で平屋の家の見学会を行っておりますので是非お立ち寄りくださいませ。

     

    今回のお家では、玄関の前に石積みのひんぷんがあります。

    ひんぷんは、沖縄の民家によくみられる玄関前にある壁で

    目隠しであったり、風のコントロールであったり、魔除けの役割があります。

    沖縄の魔物は、角を曲がるのが苦手だそうで玄関の前にひんぷんがあるとまっすぐ通れなくなり入らないそうですよ。

    なんだか、曲がるのが苦手な魔物さんはかわいいですね。

    こちらの、石積みひんぷんも社内の庭造り班で施工しております。

    実はこの石積みひんぷん

    山に石を取りに行くところから始まっております。

    私はその石集めを手伝わせてもらいました。

     

    ほとんどの石は、大きなユンボでトラックに積んでいきます。

    ひんぷん壁の角の石は直角のある石が好ましいです。

    そういった、石は手で拾って運んでトラックに積みます。

    この日は、あいにくの雨でしたが無心で直角のある石を探しました(笑)

    そこで気づいたのですが、

    ごろごろ転がって石が集まっているようなところより

    こういった、木の下だったり藪の中の石の方が四角い石が多かったような気がします。

    たぶん。。。

    あまり転がらなかったのかなーとか、雨風にも当たらなかったのかなーとか

    石の気持ちになったらたくさん見つけれましたよ。。

     

    石が山で過ごした思い出と一緒にお引越ししてもらって今度はお家の玄関の前でひんぷんになって素敵な家族を見守ってくれると思います。

     

    自然の素材を使って、お家を立てることは人の手間がたくさんかかることもあります。

    もちろんデメリットもあります。

    でも、無垢の良さは、表情であったり、不揃いであることであったり、経年変化していくことであったり、タフさ、であったり

    たくさんの良さがあります。

    そういった、良さを体験でき楽しみながらお仕事ができていることにただ感謝です。

     

    ぜひ明日、お立ちより頂き皆様にも体感していただければと思います。

    ささやかながら、プレゼントをご用意してお待ちしておりので

    是非いらっしゃってくださいませ。

     

     

     

     

     

     

     

     

    永本 和磨 この記事の投稿者:永本 和磨
    永本 和磨
    この記事の投稿者:
    永本 和磨
  • お問い合わせ・資料請求
  • イベント情報
  • リフォーム
  • 施工事例
  • 手仕事の家
    ページ先頭へ

    平屋の家 完成見学会

    投稿日:2019年06月21日

    こんにちは。
    暑い日が続きますが、中国地方の梅雨入りはまだのようですね。
    もうすぐ7月になりますので、何だか変な感じがします。

     

    さて、週末の22日(土)、23日(日)は、
    廿日市市丸石で平屋の家の完成見学会が開催されます。

     

     

    平屋というのも珍しいと思うのですが、

    以前のブログにも書きましたが、アールの天井があったり、
    大きな1軒半の開口部には、木製建具+木製網戸+木製雨戸を採用していたりと
    見ていただきたいポイントが多くあります。

     

    また、外断熱工法ならではの梅雨時期でも
    じめっとしない室内空間も体感いただければと思います。

     

    見学会は、明日10時からです。

    ご来場お待ちしております!

     

    たつかわ

    たつかわ この記事の投稿者:たつかわ
    たつかわ
    この記事の投稿者:
    たつかわ
  • お問い合わせ・資料請求
  • イベント情報
  • リフォーム
  • 施工事例
  • 手仕事の家
    ページ先頭へ

    T様邸新築工事中!

    投稿日:2019年06月20日

    只今、廿日市で新築工事中のT様邸ではデッキ工事が終わりました!

        外から

     

    中から

    T様邸ではデッキ材を、フロアーと同じ「桧」で施工したので部屋との一体感があって良い感じです!

    今週末に見学会を予定しているので是非足を運んでみて下さい!

    (Rei)

     

     

    棟梁 Rei この記事の投稿者:棟梁 Rei
    棟梁 Rei
    この記事の投稿者:
    棟梁 Rei
  • お問い合わせ・資料請求
  • イベント情報
  • リフォーム
  • 施工事例
  • 手仕事の家
    ページ先頭へ

    家具制作。

    投稿日:2019年06月19日

    先日出場した宮島トライアスロン、チーム職人魂として10回目と節目の大会でしたが、無事ゴールすることが出来ました!結果はほぼ例年通りでしたが、個人的には自己記録までもう少しと、もっと練習がんばればよかったなーと思います。

    トライアスロンの筋肉痛も落ち着いてきたなか、作業所では家具の制作をしています。トールの家具は上下で分けて作りますが、木目が繋がるように作っていきます!まだまだ沢山家具があるので、丁寧に作っていこうと思います。

    DSC_0487

    棟梁 GON この記事の投稿者:棟梁 GON
    棟梁 GON
    この記事の投稿者:
    棟梁 GON
  • お問い合わせ・資料請求
  • イベント情報
  • リフォーム
  • 施工事例
  • 手仕事の家
    ページ先頭へ
    お問合せ