ブログ
ホーム > ブログ > 3月 2020

ブログ

完成見学会 ご予約状況のお知らせ

投稿日:2020年03月16日


 
3月28日(土)29日(日)は
廿日市市大野にて薪ストーブのある木の家 完成見学会を行います!
風と光・木と土を感じつつも結露や腐朽のない心地よい住まいを、宮大工の手法を受け継ぐ職人が高い技術で造り上げる家づくり。
木の香りと自然素材の織り成す心地よさ、ぜひご体感ください。

コロナウイルス感染防止・拡大防止を配慮し、
1時間ごとに1組様限定でのご案内とさせていただいております。
おかげ様で少しずつご予約を頂いており、現在の空き状況は下記の通りです。
 

【ご予約空き状況】
3月28日(土)
10:00~ … ◎
11:00~ … ×
12:00~ … ◎
13:00~ … ×
14:00~ … ◎
15:00~ … ×
16:00~ … ◎
 
3月29日(日)
10:00~ … ×
11:00~ … ×
12:00~ … ◎
13:00~ … ◎
14:00~ … ◎
15:00~ … ◎
16:00~ … ×
 
ご希望の方はイベントページのメールフォームからお申込みくださいませ。
ご来場をお待ちしております!

かじたに この記事の投稿者:かじたに
かじたに
この記事の投稿者:
かじたに
  • お問い合わせ・資料請求
  • イベント情報
  • リフォーム
  • 施工事例
  • 手仕事の家
    ページ先頭へ

    3月28日・29日 木の家完成見学会

    投稿日:2020年03月15日

    私は旧佐伯町(廿日市市)に住んでいますが、地方では桜も咲き始めているというのに

    朝から雪が降り始め山々も白く色ついておりました。朝から薪ストーブが活躍しています。

    さて、今月末に廿日市市大野にて「木の家」完成見学会を行います

    新型コロナウィルスの影響で『完全予約制』にて開催いたします。1時間に一組とさせて頂きます。

    ご興味のある方はご予約をお願いいたします。(弊社、ホームページをご覧ください)

    こちらのお施主様はご実家がそれぞれ他県なのですが、ご主人様のお仕事の関係で

    この広島の地に来られました

    住んでみて、山々の緑と、穏やかな海に囲まれた廿日市はとても住みやすそうで気に入られ

    土地探しから始まりました

    その間で何度か完成見学会などにも足を運び、マイホームへの夢が膨らんだようでした

    自然素材を使って、全室湯布珪藻土を使い、若き大工さんによる手刻みの家です

    リビングには薪ストーブを設けてあり、無垢の床の心地いい感触を感じながら寛げるように。

    また、標準仕様である「外張り断熱」で夏は涼しく・冬は暖かく暮らして頂けます

    自然の光や風を上手にとり入れて年中快適&省エネな住環境を実現しました。

    完成見学会の後にはお引き渡しです。廿日市から新たな生活が始まり

    小さかったお子様もこの春から幼稚園生活です。

    お施主様のご厚意により2日間の完成見学会です。

    住まい手と環境にやさしい木の家をお考えの方、是非ご覧になって頂きたいです

     

     

     

     

    Sara この記事の投稿者:Sara
    Sara
    この記事の投稿者:
    Sara
  • お問い合わせ・資料請求
  • イベント情報
  • リフォーム
  • 施工事例
  • 手仕事の家
    ページ先頭へ

    格天井加工

    投稿日:2020年03月14日

    先月に棟上げした江田島のお寺の天井の加工を任されたので、作業所で加工真っ最中です!
    今回の天井は格天井という天井で、木を井桁に組んでいく天井になります。
    長手に5本、短手に11本の木組みをしていきます。

    細かい作業をひたすらやります。上木になる木と下木になる木があり、それを組んでいきます。

    現地で組みあげるまでが大変ですが、綺麗に仕上げてまたブログに載せたいと思います。

    棟梁 GON この記事の投稿者:棟梁 GON
    棟梁 GON
    この記事の投稿者:
    棟梁 GON
  • お問い合わせ・資料請求
  • イベント情報
  • リフォーム
  • 施工事例
  • 手仕事の家
    ページ先頭へ

    E様邸新築工事中!

    投稿日:2020年03月14日

     

    現在廿日市で新築工事中のE様邸ですが、外部仕舞いがほぼほぼ出来ました!あとは軒天に板を張れば終わりです!

    これは「庇」で厚みが30㎜の杉のフロアー材だけで造っているので、分厚くならずスッキリ見せることができています!

    来週も花粉に負けずに工事を進めていきたいです!

    (Rei)

     

    棟梁 Rei この記事の投稿者:棟梁 Rei
    棟梁 Rei
    この記事の投稿者:
    棟梁 Rei
  • お問い合わせ・資料請求
  • イベント情報
  • リフォーム
  • 施工事例
  • 手仕事の家
    ページ先頭へ

    「そらやまの丘」街づくりレポート③

    投稿日:2020年03月12日

    弊社の「街づくり」レポート第3段をお届けします。

    今回はビジュアル的には大きな変化はありませんが、インフラ整備が着々と進められ、街の完成が近づいてきました。

    造成以前、開発区域内は上水道が未整備の状況でしたが、主に駐車場として利用されていた他、事業所等の建物が数棟存在しており、井戸水の使用を余儀無くされておりました。

    という事で今回は、付近の給水本管を延伸し、各敷地へ引込みます。

    交通量の多い道路の為、交通誘導員の方に来て頂き工事を進めていきます。

    アスファルト舗装にカッターを入れて掘削し、給水管を布設し埋戻して行く作業を繰り返していきます。

    生活道路となっていますので速やかに仮舗装が必要です。

    段々と開発区域へ延伸されてきました。

    布設された配水管は「ダクタイル鋳鉄管(DIP)」の75mm径が採用されました。

    「ダクタイル」とは「延性のある」という意味で地震等の地殻変動が生じた場合でも順応出来る性質があり、施工性も優れていますのでスピーディーに施工できます。

    開発区域内の道路にも着々と施工されていきます。

    配水管より分岐され、径25mmの配管にて各区画へと引き込まれます。

    道路際の側溝下を横断し区画内へ到達しました。

    この度の工事では上水道に併せて、都市ガスの引込も行われました。

    後続工程は、境界標設置、道路舗装、電柱設置等を残すのみとなりました。

     

    また、今年の3月末に造成完成予定に先立ちまして弊社HP内に特設サイトを開設しております。ご興味のある方は是非ご覧ください。

    2020年4月中旬より現地案内開始予定としております。

    ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓ ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

    注文住宅用地「そらやまの丘」特設サイト

     

    yoshijun この記事の投稿者:yoshijun
    yoshijun
    この記事の投稿者:
    yoshijun
  • お問い合わせ・資料請求
  • イベント情報
  • リフォーム
  • 施工事例
  • 手仕事の家
    ページ先頭へ

    「モールテックス」に挑戦

    投稿日:2020年03月9日

    こんにちは!

    先日福岡で行われた「モールテックス講習会」に参加してきたので、早速会社でサンプルを作ってみました。

     

    モールテックスとは簡単に説明すると、左官塗による仕上げ材料というところでしょうか。意匠性が高く、適応する下地の種類(コンクリートや合板、ガラスなど)も多いのでどんな場所でも活躍できる優れた材料なのです。

    モールテックスは内外壁はもちろん、車の乗り入れのある床にも使用できます。水を通さない性質もあるのでお風呂場やキッチン周り、シンクの中にも塗ることができます。驚きですよね・・・!

     

    用途によって何度かに塗り分けるのですが今回は2回塗りでテーブルの天板を作ってみることにしました。

    合板にシーラーを塗り1回目を塗ります。

     

    あまり派手な模様は付けない方がいいと教わったのですが、ここは実験も兼ねて派手に模様をつけてみました!!!

    なるほど模様がくっきり出るほど凹凸も多いので、塗厚の関係で渇きムラが出やすいことが分かりました!この時の模様が仕上げにも反映するのですが、程々にしないと事故の元ですね・・・。

     

    2回目を塗って乾燥した後オイル掛け、ワックス掛けを行います。

    トップコートも用途に応じて何種類か使い分けるのですが今回は「オイルOH」(天然オイル)と「BIELワックス」(蜜蝋の様な物)という商品を使います。

    仕上がりがこちらになります。

    触った感じとしてはかなりスベスベツヤツヤ…ずっと触っていたい…磨かれた石のような質感です。

    今回はグレーでしたが青や茶色などほかの色も綺麗だろうなと思いました。まだまだいろんな使い道がありそうで楽しみな商品ですね!

    ささか この記事の投稿者:ささか
    ささか
    この記事の投稿者:
    ささか
  • お問い合わせ・資料請求
  • イベント情報
  • リフォーム
  • 施工事例
  • 手仕事の家
    ページ先頭へ

    普遍的なデザイン ルイスポールセン

    投稿日:2020年03月8日

    昨日ついに広島県でも新型ウィルスの感染者が発表されて街中から人が少なくなりました。道路を走っても本当に車が少ないと感じる日曜日です。

     

    そんな中を長く工事をしていました大型リフォーム工事の引き渡しに立ち会いました。まだ家具がすべては入っていないので写真も少ないのですが、

    目を引くのがオリジナルの食卓テーブルです。広島県産の栗の木で作られとても温かみを感じます。テーブルの製作はオーダー家具で有名な五十六製作所http://isorok.blog108.fc2.com/の製品です。

     

    ご家族の方がお仕事の関係で庄原で長く仕事をされていたので、庄原の木材を使うことで少しでも居心地のいい場所になるであろうとの想いです。

    家具だけでなく建具の取っ手やカウンターなど庄原の栗の木をふんだんに使わせてもらいました。

    杢目の美しさ、広葉樹にしては柔らかな肌触り絶品です。

     

    そのテーブルを照らす照明器具も注目してもらいたい。

     

    Louis Poulsenルイスポールセンの照明器具が食卓を照らしています。数ある照明器具の中から今回選択されたのはラジオハウスペンダント(ヴィルヘルム・ラウリッシェンのデザイン )

    80年前にデンマーク放送局のために製作された、タイムレスで美しいフォルムのガラスペンダントです.空間に柔らかい拡散光を均等に広げる全般照明用のペンダントですが、開口部からは直接光が下方に向けられるので、テーブル上に吊下げるのにも適しています.ハンドメイドの三層吹きガラスです.

    普遍的なデザインがあるとすれば北欧のデザインはいまだに新しさを感じることができます。一番好きな場所でお気に入りの品物と暮らす住み心地は暮らしを豊かにすること間違いなしです。

     

     

    オランダを代表する建築家ヴィルヘルム・ラウリッツェンの紹介

    ヴィルヘルム・ラウリッツェン(1894-1984)は生涯を通じ、建築は応用芸術だという考えを実践しましたが、彼は芸術(art)と応用(applied)に同等の比重を与えました。「美学なくして生活はない」というのも、彼の信念でした。

    彼は、自然光と人工照明両方を熟知していました。温かい日差しを採りこむ南西向きの大きな窓と、北東からのクールな光を入れるスカイライトをミックスさせ、ラウリッツェンは常に自然光を建築に最大限利用しました。その結果、部屋の限られた壁だけが焦点になるのではなく、人々、インテリア、家具類が彫刻的な光のなかで陰影を持って際立ちました。

    ラウリッツェンは、照明器具も同じ態度でデザインしました。一つの照明器具のなかに、方向性を持ってシャープな影をつくる直接光と、部屋全体を柔らかく映しだすソフトな拡散光の、2つの機能を持たせようとしています。

    代表取締役 永本 清三 この記事の投稿者:代表取締役 永本 清三
    代表取締役 永本 清三
    この記事の投稿者:
    代表取締役 永本 清三
  • お問い合わせ・資料請求
  • イベント情報
  • リフォーム
  • 施工事例
  • 手仕事の家
    ページ先頭へ

    植物の力

    投稿日:2020年03月7日

    皆さんこんにちは。

    徐々に広島も暖かくなってきました。

    先日、ある美容院の改装工事の計画で植物を見に行きました。

    ここのハウスは

    普段お花屋さんでもあまり見かけないような植物ばかりで、個性的な形をしております。

    植物好きな私には、大興奮スポットでございます。

     

    今回の改装工事では、店舗内に植物をたくさん取込む計画です。

     

    植物には、見ることによって癒される効果がありますが、育てる方が脳波、心拍変動、感情に及ぼす影響は大きく

    「疲労」「混乱」という負の感情をやわらげ「活気」などの正の感情が増えるという研究結果もあるようです。

     

    もちろん、植物は生き物ですので、日の当たり方、風の抜け、水やりのメンテナンスのしやすさを考えて計画していきます。

     

    早く建物の中に入った状態を見たいですね。

     

     

     

    永本 和磨 この記事の投稿者:永本 和磨
    永本 和磨
    この記事の投稿者:
    永本 和磨
  • お問い合わせ・資料請求
  • イベント情報
  • リフォーム
  • 施工事例
  • 手仕事の家
    ページ先頭へ

    庭木の植替え

    投稿日:2020年03月6日

    暖かくなってきて春がすぐそこまで来ているような。

    先日まで蕾だった道端のモクレンが綺麗に咲いていました。

     

    四季の巡りを発見できるのはちょっとしたことでも嬉しく感じます!自分の住まいに植物があると、そんな発見もグッと身近になりますよね。

     

    以前お庭の一部をリガーデンさせていただいた廿日市のOB様、緑が好きでお庭にも多くの植物を植えておられます。ですが上の写真右側のドウダンツツジ、大きく育ちすぎて管理が大変になってきたとのご相談を受けました。

    木自体が大きいので毎年たくさんつける花も落ちた後の掃除が・・・。

     

    とゆうことでいくつか植替えの提案をさせていただいて、その中から「ソヨゴ」とゆう木を選んでいただきました。

    成長が穏やかで優しい雰囲気の常緑樹です。花や実も小さく、剪定も少なくて済むのでお手入れは非常に楽になったかと思います。

    自分の好きな植物を植えたり負担にならない程度で庭木と付き合っていくのも自然を楽しむ一つのスタンスですね!

     

    ささか この記事の投稿者:ささか
    ささか
    この記事の投稿者:
    ささか
  • お問い合わせ・資料請求
  • イベント情報
  • リフォーム
  • 施工事例
  • 手仕事の家
    ページ先頭へ

    リフォームS様邸デッキ工事!

    投稿日:2020年03月5日

    昨年末にリフォームが完成したS様邸にウッドデッキの施工に行ってきました!

    before

    after

     デッキ材は”セランガンバツになります。この場所は日当たりも良く、このデッキで日向ぼっこでもしたら気持ちいいだろーなぁと思いました!

    (Rei)

     

     

    棟梁 Rei この記事の投稿者:棟梁 Rei
    棟梁 Rei
    この記事の投稿者:
    棟梁 Rei
  • お問い合わせ・資料請求
  • イベント情報
  • リフォーム
  • 施工事例
  • 手仕事の家
    ページ先頭へ
    お問合せ