ブログ
  1. ホーム >
  2. ブログ >
  3. スタッフブログ >
  4. その他ブログ

ブログ

「そらやまの丘」街づくりレポート⑤

投稿日:2020年06月11日

弊社の「街づくり」レポート第5段をお届けします。

5月初旬、『そらやまの丘』における祝1棟目の地鎮祭が6号地にて執り行われました。

青い『そら』と緑の『やま』に囲まれるこの街のネーミング通りの光景となる好天に恵まれました。

その後、約1か月程基礎工事が行われ、いよいよ来週上棟予定ですが、梅雨入りした為、常に天気予報を確認しながら、準備を進めております。

また、7月初旬には構造見学会を予定しております。詳細日時については弊社HP並びにInstagramにて改めてお知らせ致します。

6月初旬には、電柱が新設されました。

全長12mの電柱を建てる為、『穴掘建柱車』のアースオーガー(大きなドリル)にて掘削していきます。掘削の深さは、電柱全長の6分の1(約2m)程となります。

全8本の電柱が2日間で建ち、3日目に電線が架けられて、完成です。

下水道、上水道、都市ガスに続き、そらやまの丘のインフラ設備が着々と整い、住まい手様の受け入れ態勢が整って参りました。

 

ご興味のある方は、弊社HP内に特設サイトを開設しております。是非ご覧ください。

随時現地案内を承っておりますので、お気軽にお声掛けください。

↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓ ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

注文住宅用地「そらやまの丘」特設サイト

yoshijun この記事の投稿者:yoshijun
yoshijun
この記事の投稿者:
yoshijun
  • お問い合わせ・資料請求
  • イベント情報
  • リフォーム
  • 施工事例
  • 手仕事の家
    ページ先頭へ

    法隆寺金堂の柱!

    投稿日:2020年05月22日

    今年の2月末に上棟し、まもなく完成予定の矢野東の家。

     

    工事車両が敷地に乗り入れ出来ない、

    2年前に西日本豪雨時に災害があった河川が敷地に接している等、

    敷地条件に様々なハードルがありましたが、様々な方々にご尽力頂きながら、一つ一つ乗り越えてゆき、ようやく先日、検査機関の完了検査を受ける事が出来ました。

    あとは来月初旬のお引き渡しに向けて、最後の仕上工事を残すのみとなりました。

     

    この矢野東の家には、大きな丸太が使用されております。

    断面は以下の様なスケール感です。

    皮付のまま弊社の加工場に搬入された為、皮剥ぎ作業からスタートです。

    乾燥期間を経て、弊社大工による刻み加工が施され、一階リビングの柱として、どっしりと構えております。

    戸建住宅にこのスケール感・・・インパクト抜群です。

    ちなみにサイズ感を比較する為に、法隆寺金堂の柱を調べてみると・・・

    ほぼ同じ位のサイズでした。

    最寄りで調べてみると宮島の千畳閣(豊国神社)の丸太柱も同等の大きさでした。

     

    最後に、この物件は前述の西日本豪雨災害後の建築であり、降雨量の少ない非出水期に工事を行う様、行政から指導がありました。

    少ない工期の中、工事して頂いた協力業者の皆様に深く御礼申し上げます。

    yoshijun この記事の投稿者:yoshijun
    yoshijun
    この記事の投稿者:
    yoshijun
  • お問い合わせ・資料請求
  • イベント情報
  • リフォーム
  • 施工事例
  • 手仕事の家
    ページ先頭へ

    「そらやまの丘」街づくりレポート④

    投稿日:2020年05月16日

    弊社の「街づくり」レポート第4段をお届けします。

    今春3月下旬に宅地造成工事の全工程が大きな事故も無く、無事完工致しました。

    最後の工程であるアスファルト舗装前の状況です。

    大型の舗装用工事車両で総延長約120m程の舗装が一気に施されました。

    最後に街への出入口部分にラインを引いて完成です。

    全工程が完成しましたが、これで終了ではありません。最後に工事完了検査が控えております。

    年度末という事もあり、行政の検査員の方々も他の業務が多々あり、また各担当課全員の予定を合わせる必要がある為、検査日の日程調整も大変です。

    戸建住宅の検査の場合は、一人の検査員のみで実施され、弊社の現場監督が一人で立ち会うのみで良いのですがこの度は勝手が違います。

    行政の各担当部署(市役所、区役所、下水道、消防等)から総勢10数名の検査員の方々が一堂に集まり、3班に分かれて検査が実施されます。

    検査をスムーズに受ける為、工事担当者も同じ様に3班に分かれて人数をかけて対応し、様々な質疑応答を行なっていきます。各検査員の専門的な質疑に対応していく為、経験と知識が必要です。

    道路側溝内に適切な勾配が取れているかどうか・・・

    汚水マンホールの深さが適切に確保出来ているかどうか・・・

    各宅地の地盤の高さが図面通りに整備されているかどうか・・・

    土地の境界が適切に明示されているかどうか・・・等々、

    検査項目は多岐にわたります。

    検査時の指摘対応も全て完了し、無事に開発行為の検査済証が交付されました。今後、完了公告が広島市告示として、5月末発行予定の広島市報に掲載される予定です。

    現在、新しく完成した道路を広島市へ帰属する手続き中の状況です。所有権を市に移す事により、後に広島市議会にて市道認定される予定となっております。

    道路幅員は走行部で約6.3mあり、かなりゆとりがあります。行き止まり部も車両の転回が行い易い様、約10mありますのでかなり便利です。

    計画から今日まで約3年、地主様をはじめ、多くの協力業者の方々のご尽力がありここまで辿り着く事が出来ました。厚く御礼申し上げます。

     

    来週からこの街における祝1棟目の建築がスタートします。

     

    青空と緑に囲まれた『そらやまの丘』。

    どんな街並みになるか・・・舞台は整いました。

     

    ご興味のある方は、弊社HP内に特設サイトを開設しております。是非ご覧ください。

    コロナ禍も終息しつつありますが、万全の対策を取りながら、随時現地案内を承っておりますので、お気軽にお声掛けください。

    ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓ ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

    注文住宅用地「そらやまの丘」特設サイト

     

     

    yoshijun この記事の投稿者:yoshijun
    yoshijun
    この記事の投稿者:
    yoshijun
  • お問い合わせ・資料請求
  • イベント情報
  • リフォーム
  • 施工事例
  • 手仕事の家
    ページ先頭へ
    お問合せ