ブログ
  1. ホーム >
  2. ブログ >
  3. スタッフブログ >
  4. その他ブログ

ブログ

「そらやまの丘」街づくりレポート①

投稿日:2020年02月1日

昨年12月中旬より着工中しております、弊社の「街づくり」を一部ご紹介させていただきます。

 

立地は広島市西区に位置しており、付近には「ジ・アウトレット広島」が開業されていますので場所のイメージはつきやすいかと思われます。

 

この度の街づくりの全体施工面積は「約840坪」あり、その中には「住宅用地全8区画」、後に広島市へ寄附し市道認定される予定である「幅員約6メートルの道路」が含まれています。

 

まずは街のインフラ整備からスタートです。

大きなミルク瓶みたいな形状のコンクリート製品が現地に搬入されています。

近づいてみると・・・

これはどこで使用されるものでしょうか?

内径90㎝あり、昇降用ステップが取付されています。どこで使用されているのかというと・・・

地盤面下に埋め込まれています。

もうおわかりですね・・・

下水道のマンホールでした。

本来下水道が整備されていない場合は、合併処理浄化槽を敷地内へ設置し、汚水・雑排水を浄化した上で最寄りの道路側溝や水路へ放流します。

しかし、この度は幸い近くまで公共下水道が整備されておりましたので、「区域外流入許可」を受け、浄化槽を設置すること無く、最寄りの汚水本管へ放流可能となりました。

このマンホールは全10箇所に設置され、各マンホール間を径200㎜の硬質ポリ塩化ビニル管で接続され、さらに各区画へと分岐していきます。

続いて、雨水処理の為に、汚水経路とは別に道路の両脇に側溝を設置していきます。

広島市旧市内の一部では、汚水も雨水も一緒に下水処理場まで送る「合流式」下水道の地区が残っています。汚濁物を含んだ雨水も処理場で処理されますが、ゲリラ豪雨時は汚水の一部が未処理のまま河川等へ放流されてしまいます。

最近は汚水と雨水を完全に別経路とした「分流式」下水道が採用される事が主流です。汚水は処理場へ、雨水は河川や海へ直接放流されますので、環境面や衛生面で優れた方式といえます。

現在、側溝が全体の約7割程度設置され、道路の形状が明確になってきましたので街並みがイメージしやすい状態になりました。

 

今月末からは給水と都市ガス工事が行われる予定です。同ブログ内で改めて進捗をお知らせさせて頂きます。

 

また、今年の3月末に造成完成予定に先立ちまして弊社HP内に特設サイトを開設しております。ご興味のある方は是非ご覧ください。

↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓ ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

注文住宅用地「そらやまの丘」特設サイト

 

yoshijun この記事の投稿者:yoshijun
yoshijun
この記事の投稿者:
yoshijun
  • お問い合わせ・資料請求
  • イベント情報
  • リフォーム
  • 施工事例
  • 手仕事の家
    ページ先頭へ

    湯来温泉復活の第一歩!!!

    投稿日:2019年10月30日

    今年の5月にアップ致しました湯来温泉に関するブログ『ヘイヘイホー!アナザーストーリー』の続編です。

    紆余曲折を経て昨日ようやく公衆浴場営業許可が交付されました。

    本日の中国新聞朝刊に大きく掲載されています。

    秋晴れの中、竣工式に参加させて頂きましたのでご紹介させて頂きます。

    朝一に広島市保健所へ公衆浴場営業許可証を受取に行き、一度弊社事務所にて申請書類を取りまとめファイリングした上でいざ湯来町へ!

    式は11:00スタート予定でしたがオンタイムで現地へ到着し許可証をご参列の皆様へお披露目する事が出来ました。

    式が終わり、いよいよ本日の主役のお披露目です。

    『誠(マサ)の桧湯』

    ロゴには「ヒノキの球果」と「人が集う円」が組み合わされたマークがデザインされているとの事です。

    この度のプロジェクトはクラウドファンディングで工事資金が募られており支援者の名札が外壁に掲げてありました。

    自然石の階段を降りて浴場内へ・・・

    桧浴槽の右手の部分は以前浴槽として使われていたそうですが、この度は洗い場兼打たせ湯コーナーとして利用される予定です。その他、浴場内にトイレ・手洗、脱衣室も整備されています。

    今から冬が訪れ、湯気がたちのぼる情景を想像すると心温まる癒しスポットになりそうです。

    地元のテレビ局が2社取材に来ており、夕方のニュースにて取り上げられていました。

    今回の湯元復活を皮切りに、飲食店や廃業温泉旅館にも新しい動きがあるとの事です。

    温泉街が再び人が集う場所へ・・・一歩前進した1日でした。

    yoshijun この記事の投稿者:yoshijun
    yoshijun
    この記事の投稿者:
    yoshijun
  • お問い合わせ・資料請求
  • イベント情報
  • リフォーム
  • 施工事例
  • 手仕事の家
    ページ先頭へ

    薩摩の小京都巡り②

    投稿日:2019年09月29日

    今週は再び台風接近予報が出ており、モヤモヤした天気が続きそうです。各現場何も無い事を祈ります。

    本日は前回紹介させて頂きました『薩摩の小京都』知覧武家屋敷の続編をお送り致します。

    武家屋敷群が形成されたのは、江戸時代で今から約250〜350年前ではないかとされています。昨年の大河ドラマで放映された『せごどん』で登場した島津家の分家が屋敷を形成し、なんと現在でも子孫の方々が暮らしており、景観を守る為、組合を作り屋敷群の清掃や管理等を行っているとの事でした。

    通りを歩き進めると異空間が・・・

    綺麗に手入れされたイヌマキの生垣と石垣が整然と通っています。奥に視線を移してみると少し曲っていました。

    この曲がりは当時、敵に追われ弓矢を放たれた際に、逃げ安くする為、どの通りも少しの曲がりが設けられているとの事。

    生垣のイヌマキは外からの視線が遮断できますが、敷地内からは外様子が見える事の他、柔らかいので敵がよじ登る事が難しいとの事。

    以上のように徹底的に身の安全を考慮され造られており、武士ならではの知恵と工夫が隠されていました。

    また上記写真石垣の左側は『玉石』、右側は『切石』ですが、これにも秘密が隠されていました。

    分家・本家で分けられおり、石垣の違いで家に格式が分けられいるとの事。

    格式の高い本家に近づく程、整った『切石』が用いられているそうです。先人の知恵が随所に隠されており非常に深く興味深いですね!

    散策を進めていくと立派な門構えが見えてきました。

    この門構えにも秘密が隠されていました!

    続きはまた次回に紹介させて頂きます。

    ③へ続く

    yoshijun この記事の投稿者:yoshijun
    yoshijun
    この記事の投稿者:
    yoshijun
  • お問い合わせ・資料請求
  • イベント情報
  • リフォーム
  • 施工事例
  • 手仕事の家
    ページ先頭へ
    お問合せ