ブログ

ブログ

刻み道具  永本建設|広島県産材・外断熱工法の注文住宅、リフォーム、リノベーション

投稿日:2017年05月12日
呉のS様邸の墨付けも終わり、ただいま刻み中です。半分程度終わりました。少しだけ道具を紹介します。鑿(ノミ)鋸(ノコ)鉋(カンナ)は誰でも知っている道具ですが、刻みでしか使わない特殊な道具もたくさんあります。上の機会が角鑿といいます。柱や束のホゾ穴をあける道具です。家1軒で100本以上の柱があるので単純に倍の数だけホゾ穴があるわけです。
中央が おお入れルーターで木組みの仕口を加工します。そして1番下に写っているのが丸のこです、普段現場で使うのが左側の6型ですが刻みで使うのは倍以上あります。しかも重たい・・・。手道具でも,機械でも共通するのは切れ味が大事ということです。機械でも刃物が切れなければいい仕事はできません。
他にも珍しい道具もあるので またの機会に紹介したいとおもいます。abo
ながもと建設 この記事の投稿者:ながもと建設
ながもと建設
この記事の投稿者:
ながもと建設
  • お問い合わせ・資料請求
  • イベント情報
  • リフォーム
  • 施工事例
  • 手仕事の家
    ページ先頭へ
    お問合せ