ブログ
  1. ホーム >
  2. ブログ >
  3. スタッフブログ >
  4. 社長の独り言ブログ

ブログ

今年の大学の講義は文書での講義となりました。

投稿日:2020年05月9日

私に与えれたテーマは「地域の木材の流通ビジネス」です。

「広島の木の家で暮らす」がサブテーマです。毎年90分のパワーポイントの講義を文書に書き落とす作業です。  その一部をご紹介します。

 

  •  国産材の現状

戦後の焼け野原、エネルギーとして木炭を大量に排出した山は、はげ山となりました。雨の多いい日本では水害の恐れがあるので治水の山を再現しようと国を挙げての補助金を出しての緑化対策は50年以上続きました。当然急に成長するわけではないので、その間は輸入木材に頼るようになります。戦後の日本は工業国として車や家電を世界に輸出しましたその代わりに木材や農産物を大量に輸入するようになり、関税の引き下げと輸入格差をなくすために農産物の自由貿易で価格は国産材とは比べものにならないようになりました。日本の山に魅力がなくなった訳です。戦時中には農産物を求めて疎開する時代は終わり、資源が集中する大都市に移動するようになりました。山村部の生産年齢人口の減少そして高齢化により木材の流通が途絶えるようになってしまいました。

そんな時代に私は社会に出て木造の家を建てていました。当然外材を扱うことが当たり前で、国産材などを使うとはほとんどありませんでした。

しかしその当たり前と思っていたことが違っていたのです。

 

(2001年元旦の全国の新聞に掲載された文面)

2001年元旦の新聞両開きに環境問題と地域経済のために「近くの山の木で家をつくる」運動という千人の宣言文を見たときに心が動きました。建築という仕事をしながら全く地域の木材利用(内需振興)に関わっていないことを深く反省した瞬間でした。私のあこがれる坂本龍一氏の文面もありました。地域の木材を使うことの重要性が書き溜めてありました。

2005年から全国の工務店と情報交換するようになり広島県の木材事情が異常なことに気づきました。輸入木材は全国1番です。しかし地域の木材は全国の下から3番目というほど国産材の生産が少ないのです。このままでは森が危ない!と思ったのです。

 

  •  自然環境からの警告

2004~2005年と度重なる台風で広島県は大きな被害が出ました。2014年の安佐北区南区広島土砂災害、2018年の西日本豪雨の災害は記憶に新しいところです。その多くの山は戦後緑化対策として植林した人工林、その中でも手入れのされていない放置林だからです。手入れをした経済林であれば治水の山となり、あそこまでの被害にはならなかったと思います。私達はせめて急傾斜地の植林は伐採し元の根の張る雑木林に戻し、安全な森を作らねばなりません。木材が一年で成長する量の搬出ができるようになればと地域の木材を使うことをしています。

名産地といわれる吉野や木曽の山の木は手入れしてあり山から搬出されて木材は綺麗です。地域材の使用にこだわるのはその環境整備と木材で暮らしをされている方々の経済を地域循環させたいからです。

 

  •  サプライチェーンマネージメント(供給連鎖管理)の崩壊

林業家の後継者不足、製材業者の廃業と地場産業としての木材は危機的状況です。それでも木材は自然に成長しています。山の木は待ってはくれません。木材のサプライチェーンだけは守らなければなりません。物流としての木材は川上から川下へと流れていきますが、

消費者である町に住む我々川下が意識を山に向ける必要があると思っています。

  •  地域の木材でエネルギーシフト

私達が手に入れることができるエネルギーとしては太陽光、水力、風力、バイオマスなどがあります。この再生可能エネルギーの中で日本が簡単に手に入れることができるものに水力とバイオマスエネルギーがあります。環境先進国オーストリアではエネルギーの自給率が80%を超える州があります。120%を目指して隣国に売電する目標を掲げています。

一方日本の自給率は9.6%(2017年)でいかに外国に依存している経済大国でしょうか。(実際は経済小国かもしれない。)すべてが輸出側の思うがままの経済になっている気がします。(食物の自給率はなんと35%ほとんどが輸入に頼っています。農作放棄地がたくさんあるのに、ちなみに50%以下は日本と韓国です。)

代表取締役 永本 清三 この記事の投稿者:代表取締役 永本 清三
代表取締役 永本 清三
この記事の投稿者:
代表取締役 永本 清三
  • お問い合わせ・資料請求
  • イベント情報
  • リフォーム
  • 施工事例
  • 手仕事の家
    ページ先頭へ

    コロナに負けない!暮らし方が変わる

    投稿日:2020年04月23日

    コロナに負けずお元気にお過ごしですか?

    コロナ対応されている見えない敵と最前線で戦われている医療関係者の皆さんに感謝の気持ちでいっぱいです。

    刻々とコロナの影響が全国に深刻化しています。

    クルーズ船の対応もしかり、緊急避難宣言も政府の対応が甘いといわれています。大都会ではいまだに「不要不急」以外の80%の行動を控えるように呼びかけながら公共交通機関は動かしている。

    それでは感染原因がわからない患者が増えて当たり前です。

     

    地方ではせめて感染原因の徹底追及をすることに全力を挙げていただき拡散防止に努めていきたいと思います。

     

    先日社員さんがミシンを会社に持ってきてマスクを作っていました。
    安価で使い捨てのマスクの原価は約5円だそうです。今では50~60円で取引されているようです。

    それでも一般家庭では入手が難しいから、布マスクを自分たちで作ろうとなったようです。

     

    これで何を学び、今後何を今後実践するか?

     

    政府の決定のアベノマスクはアベノミクッス並みに国民を無視していると政治批判をしたところでなにも変わらない。

    「無いなら作ろう!」このクラフトマン的な発想が大事、作ればできるだろう2枚ぐらい簡単に、みんなにも差し上げよう!と暇な時に作っている「超楽しい!」と、日本手ぬぐいにはさみを入れている。こんな時こそ仕事を楽しくすることはだいじ大切だなと気づかさせてもらいました。

    何もかもが使い捨ての時代にマスクを作るなんって、使わず仕舞いで仕舞い込んでいるミシンも喜んでいるような気がします。

     

    当然、不要不急の外出を避けることが続きます。特にサービス業にとっては売り上げが急激に落ち込み深刻な状態になっています。一度落ち込むとなかなか元に戻ることはできない。だからと言って危険を承知で外出する無謀な人はコロナにかかって仕方ないと思う。卒業旅行で海外に行った学生のように、熱があっても卒業式に参加してクラスター感染させた学生などアホとしか理解できない。どれだけの他人に迷惑をかけたか?しっかりと反省してこれからは社会人として周りの人のために働いてもらいたい。

     

     

    当然外食中心の生活は一変しました。すると内食になるのですが、レシピアプリを見ながら台所に立つと結構おいしい料理ができるものです。しかし男の料理はコストがかかる。そこを改善させるために多めに作ってしまうので、小分けして冷凍することに、我が家では少しづつ進化しています。いざという時には非常食になります。人ごみに集まることをやめれば、危険なのは病院とスーパーと言われてます。そこに極力いかない過ごし方。

     

    台所に立って気づいたのは1型キッチンではコンパクトに料理できるのですが、複数の人数で料理するには導線が悪い、シンクに立つ人の後ろを鍋を持って移動するなど危険性もある。盛り付け時に皿を置く場所が少ないなど、収納量が少なすぎるなどなど、現在流行のアイランドキッチンを使ってみたくなりました。改装しようかな?

     

    もっと変わったのは自家菜園です。

    まずは土づくりから、何年も作っていない畑はドクダミ草やセイタカアワダチソウに占領されて、これでは何も育ちません丁寧に耕し草の根を取り除き腐葉土や米ぬかを敷きこむ。

    非常時を備え今から野菜作りをしようかなと誰でも簡単にできる無農薬野菜の育て方、少しの畑を

    耕しながら収穫を夢見ています。値段重視の食材よりも安心で安全な食材作りもたのしいと思います。その前に猪が出没するらしいのでその対策も行わなければなりません。やることいっぱいです。休みがいっぱいほしいほどです。(コロナが蔓延したらいやでも休みになるかもしれない不安がるけど)

    フランスでは都会は封鎖され、田舎に出稼ぎに行く人が増えたとか?

    安全で安心な田舎で働くのもいいアイデアです。農産物の自給率が未だに85%というだけのことはあります。ヨーロッパではオイルショックやリーマンショックの緊急非常時に陸続きなのに他国からは支援がなく受けることできなかった歴史があり、未だに農産物だけでなくエネルギーを含め、地域の産業での自給率を上げることを政策にしています。

    今回いかに中国からの輸入に依存していたかがよくわかりました。
    資源のない日本は輸入に頼らないといけない政策になっていますが、せめて農業や林業は消費者側がその気になれば十分やっていける。それが地方再生に繋がるはずです。
    今年も地域の山から春出荷の木材を仕入れていますが、まだまだ切らないといけない山はたくさんあります。

     

    こんな時こそ地域に目を向けましょう。

    代表取締役 永本 清三 この記事の投稿者:代表取締役 永本 清三
    代表取締役 永本 清三
    この記事の投稿者:
    代表取締役 永本 清三
  • お問い合わせ・資料請求
  • イベント情報
  • リフォーム
  • 施工事例
  • 手仕事の家
    ページ先頭へ

    新型コロナウィルスCovid-19を考える

    投稿日:2020年04月5日

    中国から始まった新型コロナウイルス (Covid-19)が世界各国に猛威を振るう。日本の経済も深刻な状態になってきた感じがする。東京は医療崩壊寸前、一日の新たな感染者が100名を超えている。感染経路不明者のほうが多いのが不安だ。東京封鎖も秒読み段階になった。

    東京脱出!全国に広がる可能性はますます深厚な状態になります。

     

    そんな中でビル・ゲイツ氏がCovid-19についてオープンレターを送っています。大変共感できることが書いてあったので紹介します。

      (長文になりますが不要不急の用事がない人は読んでみてください。)

     

    1) 私たちは皆平等であることを想起させてくれます。文化や宗教、職業の違い、そして経済状況、有名人かどうかも関係ありません。この病気は、我々全員に平等に追って来ます。私たちも、この病気同様、すべての人々に対して平等に向かうべきなのかもしれません。私を信じないなら、トム・ハンクスに聞いてみてください。

    2) 私たちはすべて繋がっています。ある人に影響があれば、他の人にも影響があるということを思い出させてくれます。このウイルスはパスポートなしで国境を超えます。我々がこれまで作り上げて来た国境と境界線にはほとんど意味がないことを示しているんじゃないでしょうか。私たちが短時間抑圧されることによって、人生そのものが抑圧されている多くの人々が存在していることを思い出させてくれます。

    3) 私たちにとって、健康がいかに大切なことかを思い出させてくれます。化学物質で汚染された添加物だらけの栄養素の乏しい食品や飲料水を摂るのが当たり前になっています。健康管理をおろそかにするともちろん病気になるわけです。

    4) 人生の短さ、そして私たちにとって最も大切なものは何なのかを思い出させてくれます。今回のような異常状態で大切なことは、高齢者や体が弱い人々への思いやりや助け合う気持ちです。パニックになってトイレットペーパーを買い占めることではありません。

    5) 私たちの社会が、いかに唯物論的になってしまったかを思い出させてくれます。困難な時こそ、生活に本当に必要なもの(食品・水・薬)を気づかせてくれます。私たちが、物欲のおもむくまま欲しがる贅沢品とは対照的な品々です。

    6) 家族、そして家庭生活がいかに大切かを思い出させてくれます。今回のような事態を受けて、強制的に家庭に留まることは、家族との絆を強化することに繋がるのではないでしょうか。

    7) 私たちの真の仕事というものは、社会的職業ではなく、日頃の行いではないでしょうか。私たちがすべき本当の仕事は、お互いの面倒を見、お互いを守り、そしてお互いに利益をもたらすことではないでしょうか。

    8) 自分たちのエゴを常に認識し合うこと。自分がいかに素晴らしいか、あるいは他人がどれだけ自分を褒めようが、ウイルスが私たちの世界をすぐに止めてしまう可能性は常に存在します。

    9) 私たち自由意志はすぐそこにあります。買いだめに走るなど、自分のことしか考えないのか、もしくは、お互い協力し合い助け合い、共有しあい、サポートし合うことを選ぶのか。困難な時こそ、本当の自分が出ます。

    10) 我慢強さを見せるのか、パニックに陥るのか。こういう事態は歴史上、何度も起きており、いつも必ず治って来ました。絶対に過ぎると理解するのか。あるいはパニックに陥り、この世の終わりと捉え、より一層の害をもたらすのか。私たち次第だということを思い出させてくれます。

    11) 世の終わりか、あるいは新たな始まりなのか?反省、理解、そして間違いから学ぶものなど、立ち止まって考える良い機会かもしれない。新しい歴史のサイクルが始まる、良いレッスンになる可能性があります。

    12) 私たちの地球そのものが病気ではないのか?トイレットペーパーが棚からなくなる早さを見る感覚で、森林破壊の早さを認識するべきでしょう。私たちが病気になるのは、私たちの地球  (家) が病気だからです。

    13) あらゆる困難のあとには、いつも安らぎがきます。人生は自然循環の中にあり、大きなサイクルの中のほんの一部でしかありません。 パニックに陥る必要はまったくありません。 こんな困難の事態も必ず過ぎる日がやってきます。

    14) 多くの人々が 新型コロナウイルス (Covid-19)を大災害だと捉えていますが、私は *大修正の良い機会だと思っています。コロナウイルスは私たちが忘れてしまった大切なことを思い出させるためのレッスンをもたらしてくれたのではないでしょうか。今回のことを将来にどう生かすか。それは私たち次第です。

    ビルとメリンダ・ゲイツの財団は治療の開発を加速するために1億ドルを寄付することを約束されたとか。世界のお金持ちができること、私のような一般人ができること、スケールが違うかもしれませんが、思いやりの気持ちで助け合うということは誰にでも出来ますね。

     

     

    いかがですか? 健康に生きていれば何とかなるそんな気がしてきませんか?

     

    今まで人類が築き上げたあらゆるものがCovid-19によって価値観が変わってきてしまいます。人類の驕りや傲慢な行いが招いた地球生物への警告かもしれません。今ある命を大切に、今関わっている仲間を大切にし、そしてその環境に感謝を持ちながら精一杯生きようと思います。

    (スタッフが作成した日本手ぬぐいマスク2枚
    2枚ぐらいなら手作りで十分です。)

     

    まずは暮らし方の見直しです。外食依存があまりに多かった生活は一変しました。

    家族との食事や自炊する弁当の様に、自宅で過ごす時間は断然多くなります。

    本を読んだり、音楽を聴いたり部屋を掃除してみて気づくことって多くあります。

    ちょこっと不便な場所を直せたらいいのに、自分でできないか?時間は今まで以上にあります。

    まさに暮らし方の再構築です。 小さな家庭菜園でとれる野菜を楽しみに苗を植えたりしています。成長が楽しみでなりません。

     

    Covid-19の終息はまだまだ先のことです。この環境下で楽しめることを探しながら暮らせられたいいのですね。

     

    (個人的には中山教授がワクチンを作ってくるような気がいたします。)すごく期待をしています。
    最後になりますが、Covid-19により多くの失業や廃業が増えることは間違いありません。一社でも多く残れるように政治や行政取り組みに期待もしたいが、まずは身近の人に声掛けなどして協力できることは協力してこの難局を乗り越えたいと思います。

    代表取締役 永本 清三 この記事の投稿者:代表取締役 永本 清三
    代表取締役 永本 清三
    この記事の投稿者:
    代表取締役 永本 清三
  • お問い合わせ・資料請求
  • イベント情報
  • リフォーム
  • 施工事例
  • 手仕事の家
    ページ先頭へ
    お問合せ