ブログ
  1. ホーム >
  2. ブログ >
  3. スタッフブログ >
  4. 社長 感謝ブログ
> WIthコロナの宮島の浜辺を掃除しました。

ブログ

WIthコロナの宮島の浜辺を掃除しました。  永本建設|広島県産材・外断熱工法の注文住宅、リフォーム、リノベーション

投稿日:2020年07月11日

先日コロナの影響で全く観光客が途絶えた宮島に行ってきました。

それも海岸のごみ拾いです。

広島掃除に学ぶ会の井辻会長からのご紹介があり、宮島の現状を観たい好奇心もあり参加いたしました。

それと写真家藤原隆雄さんも参加されると聞きつけ何が何でも参加いたしました。

藤原さんは写真集「聖なる山弥山」を発刊された時にいたく感動し、現在は宇品の自宅周辺の浜辺の汚れた海外の写真を多くFacebookでアップされるのがとても心に響くからです。

フェリーで行く宮島はいつもと違います。
来島者がガラガラで出向時間ギリギリに改札口を出た私を船員さんが桟橋で待ってくれてました。
船内もガラガラ宮島につくとすでに近所の方々が熊手を持って浜を掃除されていました。
宮島の大鳥居は令和の大修復となっており足場がかかり見えません。 残念です。

綺麗なような海岸ですが、近くに行くと大量のプラスチックゴミ、ビニール袋が漂着しています。

ビニールゴミのほとんどがお菓子の袋であったり、ペットボトル、アップはしていませんがお子様の使い捨てオシメまで海岸に打ち寄せていました。今、世界でうわさになっているマイクロプラスチックの生態系への影響です。
クラゲと思ってカメがビニール袋を飲み込んでしまうとかビニールが小さく小さくなって海水に溶け込みそれを海洋生物が飲み込み、食物連鎖で人間もそれを食べるという悪の循環です。

おりしも7月からコンビニでもビニール袋が有料になりました。

ビニール袋削減のために、1円に満たないビニール袋を3円で販売しています。その差額でどこまでこのようなメーカ製造責任として環境保全に投資してくれるか?確約のないままの値上げです。どうせ価格を上げるなら紙袋にすれば納得できるのですが・・・

 

もっと問題になっているの地元ならではの問題です。

牡蠣の養殖時に使うプラスチックゴミです。特に広島で行われている針金に吊るす養殖方法にはいろんなビニールパイプを使っています。そのゴミが、隣の山口県や、愛媛県の海岸にまで漂着しています。漁業に詳しい市議会議員の方も一緒にゴミ拾いをしましたが、数が多いのにビックリされていました!
台風や船がいかだに接触して牡蠣殻が海に落ちてゴミが浮き上がると言われていましたが、自然災害や事故してはすまされないのがマイクロプラスチックの問題です。
産地だからこそ、対応しないと、この先広島牡蠣のブランド力が落ちてしまうのではと心配しています。
東北の大震災の時は大西洋まで日本のプラスチックゴミが2年かけて漂着した例があります。

海外や環境団体からレッドカードを出されるまでにプラスチックに変わるものを考えていただきたいと思います。

 

2時間ばかり、わずか300mの浜でこんなに集めることができました。

砂を掘り起こせばいくらでも出てきますし、満ち引きの関係で明日にはまたこれぐらいはゴミが押し寄せます。
プラスチックゴミはエンドレスです。

一輪車いっぱいのごみを激写する藤原さん彼のカメラの被写体からプラスチックゴミが無くなることを願います。

永本建設株式会社  永本清三

代表取締役 永本 清三 この記事の投稿者:代表取締役 永本 清三
代表取締役 永本 清三
この記事の投稿者:
代表取締役 永本 清三
  • お問い合わせ・資料請求
  • イベント情報
  • リフォーム
  • 施工事例
  • 手仕事の家
    ページ先頭へ
    お問合せ