ブログ
  1. ホーム >
  2. ブログ >
  3. スタッフブログ >
  4. スタッフ
> 広島の木の家注文住宅 I様邸プレカット

ブログ

広島の木の家注文住宅 I様邸プレカット  永本建設|広島県産材・外断熱工法の注文住宅、リフォーム、リノベーション

投稿日:2014年02月10日
今日は本当に久々に事務所仕事に勤しみました。(笑)
もうすでに基礎着工していますI様邸ですが、これから構造材をプレカットしていきます。
上棟は今月の24日に予定しています。
今日はその準備を行いました。
上棟時に必要なものをリストアップして、発注していきます。
構造材はもちろん、断熱材、葉柄材と言われる、間柱や筋違、胴縁、野地板などを必要な数を拾い出していきます。
ここで数字を間違ってしまったら、上棟当日に仕事が止まってしまいます。
プレカットに入れる日にちも調整しないといけません。
また、図面に関してもチェックします。
プレカットを行うためには伏図というものが必要になります。
伏図は構造材をどう組んでいくかを書いた図面です。
製本図にも入れている図面ですが、平面図や立面図と違い建築に携わっている方ではないとなかなかわかりづらい図面ですが、かなり重要です。


こんな感じです。
この図面から上部躯体工事は始まっていきます。
当日は何もトラブルがないように手配をしていきたいと思います。
≪たま≫

_______________
広島木の家 注文住宅 永本建設
_______________
ながもと建設 この記事の投稿者:ながもと建設
ながもと建設
この記事の投稿者:
ながもと建設
  • お問い合わせ・資料請求
  • イベント情報
  • リフォーム
  • 施工事例
  • 手仕事の家
    ページ先頭へ
    お問合せ