ブログ
ホーム > ブログ

ブログ

投稿日:2019年08月17日

盆休みに田舎に戻り墓参りを済ませ、ふと見るとご近所の方が   家族で田んぼの草取りをされていました。

春に植えられた稲も腰の高さに成長し草取りも出来ないくらい成長しているので、雑草は一つ一つ摘み取っておられました。

廻りにはまだまだ田んぼが連なり農地として活用されています。
田園風景を維持するのって本当に大変だなぁーと思います。

 

 

 

 

 

 

 

昨年、永本建設では25年も耕作を放棄した土地を手に入れて、今年から少しづつ手を加えています。まずは少しの田んぼを復旧することになりました。

長年使っていなかった休耕田はそこら中から水が抜けてしまいます。それを何度も何度も修繕しながら田んぼに水を張ることが出来た時は、すでに稲作の植え付け時期はずれていました。

そこで植えたのが「まこも」です。

 

 

 

 

 

 

まこもとは?  縄文時代から食されたという古い歴史があり、中国をはじめ東南アジアでも古くから食用や薬用として使われたとされている植物です。

秋には根元に白い肥大した白い茎ができそれがマコモタケでいろんな料理につかわれると言われています。

実は私はそちらに興味があるのではなく葉の方に興味があるのです。

神が宿る草」と呼ばれる由縁であるまこもは出雲大社の大しめ縄も藁ではなくこのまこもで作られています。2mにも成長するまこもだからこそ大しめ縄に使えるのでしょう。

大変お世話になった速谷神社のしめ縄にマコモが使ってもらえればそれはありがたいことだと思い、まったく荒れた休耕田を耕すことになったのです。

 

それだけではありませんまこもの葉を発酵させると黒酵母菌やバチルス菌が多く含まれていると言われています。天然のバチルス菌があれば酵素風呂にも使えるかもしれない。

 

植え付けしてマコモの成長の速いことにびっくりするのですが、雑草も負けていません。

いつの間にか雑草の田んぼになってしまいました。

 

60歳を超えて、いまさら田んぼに入るとは思ってもみませんでしたが、これが楽しい!

早く次の休みが来ないかと待ち遠しいのと、雑草が成長して近所に迷惑を掛けるのではと心配する。

 

 

田園風景を維持するのって本当に大変だなぁーと思います。

代表取締役 永本 清三 この記事の投稿者:代表取締役 永本 清三
代表取締役 永本 清三
この記事の投稿者:
代表取締役 永本 清三
  • お問い合わせ・資料請求
  • イベント情報
  • リフォーム
  • 施工事例
  • 手仕事の家
    ページ先頭へ
    投稿日:2019年08月9日

    年甲斐もなくやっちゃいました。

    夜遅くまでTVを見てしまいました!

    二日間ボーとしていました。でも嬉しい!

    遅くなったし寝ようかと思ったら全英女子オープンの決勝ランドをやっているではないですか?

    明日は仕事だしと思いながら、スコアー落しているしトップと2打差で折り返し難しいだろうな

    勝負の12番クリークや池がある短いミドルコース、ほとんどの選手が手前に止めて2オンでピンに絡ませてくる。そんなコースをドライバーでワンオン狙い!

    解説の樋口久子が無謀だ!リスクを共合うし刻んでもバーディーは取れると何度も忠告するのですが、渋野日向子は自信満々にじーっとコースが空くのを待っています。

    プレッシャーは感じると思います。

    その一打が運目を変える。そう感じた私は池に落ちたら諦めて寝よう!

    打球は少し左にそれましたが、かつかつグリーンエッジで止まりました。当然イーグル狙いの楽々バーディーで後半のバーデーラッシュの始まりです。これはもしかしたら勝つかもしれないという期待になりました。

    通常であれば樋口久子の言うとおりにするべきでしょう。しかしそれでは新しい時代は切り開けない。今まで通りのゴルフに過ぎない。常識を打ち破らないと

     

    チャレンジする姿に感動する。

    練習の積み重ねからくる自信と無謀な選択は全く違う。正直見ていて鳥肌が立ちました。

     

    待ち時間には駄菓子「タラタラしてるんじゃねーよ」をカメラとふざけ合って食べたり、コースの移動中にはギャラリーとハイタッチとまったく天真爛漫な20歳、スマイルシンデレラに魅了されてしまった。

     

    最終ホールの18番6メートルのバーディーパットも打った瞬間「早い」と声が出たが、わずかに曲がったがカップの反対側に当たりカップに吸い込まれての優勝!

    「AIG全英女子オープン」に初出場で優勝。日本勢としては1977年「全米女子プロ選手権」の樋口久子以来となる42年ぶり2人目のメジャー制覇。

     

    本当に興奮しました。新人類の出現です。  AM3:30過ぎの出来事です。

     

    当然朝会社に行きましたがボーとした一日を過ごしました。

    年甲斐もなくこんなに寝不足が辛いと感じたのも久しぶりです。

     

    そう言えば明日からお盆休みです。

    朝から掃除をして日頃出来ない場所の掃除を行いました。

    駐車場にあった水栓の塩ビ製の排水パンがかなり前から壊れていました。

    気にはなっていたのですがやっと直すことが出来ました。左官さんが内製化していることは本当に強みです。これからもしっかりとした職人集団を作り上げて行きたいと思います。

     

    代表取締役 永本 清三 この記事の投稿者:代表取締役 永本 清三
    代表取締役 永本 清三
    この記事の投稿者:
    代表取締役 永本 清三
  • お問い合わせ・資料請求
  • イベント情報
  • リフォーム
  • 施工事例
  • 手仕事の家
    ページ先頭へ
    投稿日:2019年08月8日

    こんにちは。
    暑い日が続きますね。

     

    本日は、改装工事をしておりました
    府中町のY様邸のお引渡しでした。

     

    2月の植栽移動、解体から始まり、
    約半年の長い期間の工事となりました。

     

    この度は、減築した後に躯体だけ残し、
    耐震診断後に補強計画をし、そこから本格的に工事に入っていきました。

     

    奥様から既存のものを使いつつ改装していきたいとのご希望があり、
    建具や家具に使われていたガラスなどを取り置きしていました。

    この写真には新旧入り混じった建具が多くうつっています。

     

    左上 回転する欄間のガラスは既存のものを利用
    左下 引き戸は新設
    中上 既存の建具の横幅をカットして再利用
    中下 ガラスは既存のものを利用し、上と同じような格子戸に
    奥  既存の建具を明かり取り(FIX)に

     

    中下の格子戸は2種類のガラスが使われています。
    ガラスのサイズにあわせつつ、上の格子デザインにもあうように。
    可愛らしい建具に仕上がりました。

     

    お客様にも喜んでいただけたので良かったです。

     

    また完成写真が掲載されると思いますのでお楽しみに♪

     

    たつかわ

    たつかわ この記事の投稿者:たつかわ
    たつかわ
    この記事の投稿者:
    たつかわ
  • お問い合わせ・資料請求
  • イベント情報
  • リフォーム
  • 施工事例
  • 手仕事の家
    ページ先頭へ
    お問合せ