ブログ
ホーム > ブログ

ブログ

投稿日:2019年06月24日

 

先週末に完成見学会をさせて頂いた平屋のおうち、T様邸。

本日竣工写真を撮影してきました。

 

室内に入ると、かわいらしい椅子がちょこん。

棟梁が余った材料で、お子様のために作ってプレゼントさせてもらったそうです。

うしろ姿もかわいい。

アクセントになっているダーク色の木栓ですが、
この家のアクセントもこの色になっていて、おそろいみたいでとっても可愛い。

棟梁の愛を感じました。

明日にはホームページに完成写真をアップしますので、
T様邸の全貌をお楽しみに。

かじたに この記事の投稿者:かじたに
かじたに
この記事の投稿者:
かじたに
  • お問い合わせ・資料請求
  • イベント情報
  • リフォーム
  • 施工事例
  • 手仕事の家
    ページ先頭へ
    投稿日:2019年06月23日

    広島で昨年完工した神社の竣工際に寄ったと京都の宮大工の横川社長がわざわざ寄っていただいた。30年前に地元の速谷神社の建て替え時に棟梁の岡本さんに大変お世話になった。

    その時の経営面と設計を任されていたのが当時はまだ20代の横川社長、まずは懐かしい!

    思い出話に花が咲く!  棟梁岡本の生き様の話になるとヒートアップする。厳しかったが、人を育てる愛情があったよな!
    「人を育てることが出来ないと自分達が作った社寺を100年後に修復してくれる人がいなくなる。途中で辞めていっても又、一から人を育てる。「流水に文字を書くかごとき儚い仕事」そんな話から新しい名刺を頂いた。

    岡本イズムが刷り込んだ名刺

    「 見えるところは当たり前

    見えないところほど気配りをせなあかん

    それが建物を強固にし

    百年、二百年と美しさを保つことが出来るんや 」

    匠弘堂 宮大工初代棟梁 岡本 弘

     

    岡本さんの口癖だったよな!

    これが我々の原点だと広島の酒を酌み交わしながら交流を深めることが出来た。

     

    匠弘堂さんは昔ながらの技法を伝授しながら自社の大工だけでなく他の工務店の大工さんにも宮大工の仕事育成の勉強会を開催されるなど高く評価され

    第四回「これからの1000年を紡ぐ企業認定」

    https://social-innovation.kyoto.jp/spread/3243

    詳しくはHPを見て頂きたい。

     

    目先の仕事だけでなく100年先を見越した企業と京都で評価されたようだ!

    おめでとうございます。

     

    そんな素晴らしい会社の社長さんに生意気にも始めてお会いした時に先輩面をして

    「いつまでも下請け孫請けでも腐ったらダメ、エンドユーザーである神社や寺の事を考えながら仕事したら、必ず元請になるから・・・」

     

    当時自分の願望を言ったようだが、まさに現在はそうなっているようだ!

    神社の元請ってすごいよね!

    これからもお互い頑張りましょう!

    永本建設株式会社 永本清三

    代表取締役 永本 清三 この記事の投稿者:代表取締役 永本 清三
    代表取締役 永本 清三
    この記事の投稿者:
    代表取締役 永本 清三
  • お問い合わせ・資料請求
  • イベント情報
  • リフォーム
  • 施工事例
  • 手仕事の家
    ページ先頭へ
    投稿日:2019年06月22日

    こんにちは。

    本日、廿日市市丸石の見学会にお越しいただいた皆様ありがとうございました。

    明日も、廿日市市丸石で平屋の家の見学会を行っておりますので是非お立ち寄りくださいませ。

     

    今回のお家では、玄関の前に石積みのひんぷんがあります。

    ひんぷんは、沖縄の民家によくみられる玄関前にある壁で

    目隠しであったり、風のコントロールであったり、魔除けの役割があります。

    沖縄の魔物は、角を曲がるのが苦手だそうで玄関の前にひんぷんがあるとまっすぐ通れなくなり入らないそうですよ。

    なんだか、曲がるのが苦手な魔物さんはかわいいですね。

    こちらの、石積みひんぷんも社内の庭造り班で施工しております。

    実はこの石積みひんぷん

    山に石を取りに行くところから始まっております。

    私はその石集めを手伝わせてもらいました。

     

    ほとんどの石は、大きなユンボでトラックに積んでいきます。

    ひんぷん壁の角の石は直角のある石が好ましいです。

    そういった、石は手で拾って運んでトラックに積みます。

    この日は、あいにくの雨でしたが無心で直角のある石を探しました(笑)

    そこで気づいたのですが、

    ごろごろ転がって石が集まっているようなところより

    こういった、木の下だったり藪の中の石の方が四角い石が多かったような気がします。

    たぶん。。。

    あまり転がらなかったのかなーとか、雨風にも当たらなかったのかなーとか

    石の気持ちになったらたくさん見つけれましたよ。。

     

    石が山で過ごした思い出と一緒にお引越ししてもらって今度はお家の玄関の前でひんぷんになって素敵な家族を見守ってくれると思います。

     

    自然の素材を使って、お家を立てることは人の手間がたくさんかかることもあります。

    もちろんデメリットもあります。

    でも、無垢の良さは、表情であったり、不揃いであることであったり、経年変化していくことであったり、タフさ、であったり

    たくさんの良さがあります。

    そういった、良さを体験でき楽しみながらお仕事ができていることにただ感謝です。

     

    ぜひ明日、お立ちより頂き皆様にも体感していただければと思います。

    ささやかながら、プレゼントをご用意してお待ちしておりので

    是非いらっしゃってくださいませ。

     

     

     

     

     

     

     

     

    永本 和磨 この記事の投稿者:永本 和磨
    永本 和磨
    この記事の投稿者:
    永本 和磨
  • お問い合わせ・資料請求
  • イベント情報
  • リフォーム
  • 施工事例
  • 手仕事の家
    ページ先頭へ
    お問合せ