ブログ
  1. ホーム >
  2. ブログ >
  3. スタッフブログ >
  4. スタッフ
> 身の回りの土地の成り立ちと自然災害リスクがワンクリックで分かります

ブログ

身の回りの土地の成り立ちと自然災害リスクがワンクリックで分かります  永本建設|広島県産材・外断熱工法の注文住宅、リフォーム、リノベーション

投稿日:2019年01月15日

災害で、よりハザードマップを確認することが増えました。

ハザードマップを見ると、「ここが浸水するのかー!」とか、「この丘が崩れるの!?」

とか、「この山は危ないと思った」などいろんな感想が出てくると思います。

ハザードマップは逐次更新されているので、一度の確認で満足せず、思い出した時にはちょこっと確認をしてみてください。

また、情報によって反映が早い遅いがありますので、お住いの自治体・広島県・国交省のサイトを覗いてみてください。

確認するたびに新しい発見があったりします。

 

さらに情報として知るのが面白いなぁと思ったことが、タイトルにも書きました身の回り土地の成り立ちです。

「自然地形」「人工地形」を国土地理院の地図で見られます。

【ベクトルタイル 地形分類】で検索してみて下さい

 

ワンクリックで切土や盛土・埋立地や干拓地の情報や、台地や砂地、氾濫平野なるものも見れるのです。

ブラタモリも時々チェックする私にとって、近所の地形を見ているのはなんとも楽しいひと時です!

思わぬ所が扇状地!?など、当初の目的とは別に色んな所をクリックしてしまうのですが、住宅用の土地をお探しの方や、土地勘のない場所にお住まいの方は一度見てみてください!

意外な発見があると思います。

ただ、廿日市はまだ情報がプツリと線引きされて東側一部しか載ってません。

情報のアップデートに期待です。

 

弊社は家を建てる、リフォームをする、それに不動産部もあります!

「土地を売りたい」、「土地を探している」方はぜひご相談ください。

fu この記事の投稿者:fu
fu
この記事の投稿者:
fu
  • お問い合わせ・資料請求
  • イベント情報
  • リフォーム
  • 施工事例
  • 手仕事の家
    ページ先頭へ
    お問合せ