ブログ
  1. ホーム >
  2. ブログ >
  3. 未分類
> 木のこと

ブログ

木のこと  永本建設|広島県産材・外断熱工法の注文住宅、リフォーム、リノベーション

投稿日:2019年07月20日

皆様いかがお過ごしでしょうか?

じめじめした天気が続いておりますが、今日と明日の廿日市のサンチェリーは盛り上がります。

そう!年に一度のけんだまワールドカップです。

私もお昼休みにちょっとお邪魔してまりました。

老若男女様々なお国の方がいらっしゃってました。

廿日市市民として、いろんな方が廿日市に訪れてくれることはうれしいですね。

もともと、廿日市は西中国山地から林産物の集積地として材木商人が多く集まる地域でした。

江戸時代では廿日市にある豊富な木材をもとに茶碗、そろばんや傘など木工品が特産品でした。

大正時代になって、けん玉の生みの親の江草濱次さんが廿日市でけん玉づくりを始められたようですね。

戦後、海外から輸入材もたくさん仕入れるようになりました。

廿日市では、木材港という地名があるほどです。

この町では、多くの木材が家具、建材、工芸品といろんなものに変わっていきました。

 

広島県が作成している森林・林業・木材産業のパンフレットを見てみると。

https://www.pref.hiroshima.lg.jp/soshiki/86/h30shinrinringyou.html

 

H29年における広島県の製材品出荷量は110万㎥で全国一です!
すごいですね。

そして

製材用原木消費量188万㎥mのうち、169万㎥が輸入木材です。

これは、広島県の製材用原木は90%が輸入木材であるということになります。

 

広島で取り扱われる国産原木は10%だけ

 

さらに、H29年度では県内で生産される木材の最終供給先の約四割が県外に移出されており。

県内の木材を、県内で消費する原木の量はたったの19万㎥となっております。

この計算だと、県外の原木を広島で消費するということがカウントされてないことになります。

ですので、実質的にはもう少し低くなってくるのではないかと思っております。

 

地のものを地で消費するという当たり前のことが難しくなってきている中ですが

永本建設では、建物に使う木材を原木から広島県産材を仕入れさせて頂くことによって可能にしております。

 

 

日本の木材自給率は26%、
40年前までは90%

日本の国土の7割が森林

内、半分以上が人工林

日本の木材蓄積増加量は年間約6800万㎥

日本の木材の総需要量は年間約7800万㎥

 

上の数字が現在の日本の木材の生産と消費状況です。

これを見られて皆さんは何を感じられましたか?

海外の切って困る木を日本までタンカーで大量の石油を消費しながらもってきて

日本の切らないと困る木を使えない。

今は、よくても50年後、100年後はどうなっているでしょうか?

戦後の人たちは未来の私たちの為に、たくさんの木を植えてくれました。

私たちは、海外から輸入して、山の手入れもせず、災害に弱い山を作ってしまうのでしょうか。

 

そんなのいやですよね。

 

木材だけではないと思いますが

 

私たちにできることは、消費するときに選ぶことなのかもしれません。

 

永く使えるものなか、あきのこないデザインなのか、可変性はあるだろうか

何からできているのだろうか、健康的だろうか、誰がつくっているだろうか、どのような場所で・・・・・

 

考え出すときりがなくなってしまうこともあるかと思いますが、

考えなくなると、自動的に、体に悪かったり、環境に悪かったり、耐久性がなかったりするものが向こうからが近寄ってくるような世の中な気がします。

 

大事なのは暮らし、お家はくらしの器のようなもの

その器には、本当の意味での豊かさが詰まっていく

そんな器、家づくりのお手伝いができるよう日々精進してまいります。

永本 和磨 この記事の投稿者:永本 和磨
永本 和磨
この記事の投稿者:
永本 和磨
  • お問い合わせ・資料請求
  • イベント情報
  • リフォーム
  • 施工事例
  • 手仕事の家
    ページ先頭へ
    お問合せ