ブログ
  1. ホーム >
  2. ブログ >
  3. スタッフブログ >
  4. スタッフ
> 『永本建設にお願いする理由』【その3】(最終回)

ブログ

『永本建設にお願いする理由』【その3】(最終回)  永本建設|広島県産材・外断熱工法の注文住宅、リフォーム、リノベーション

投稿日:2014年02月28日
本日は、7時から早朝全体会議の日でした。
6時30分には集まり始め社内は活気が漲っています。
みんなの顔を見渡して嬉しく感じるひと時です。
会議は各現場の工程の打合せの後、一級建築士辰川から名古屋での研修の報告でした。
続いて、日本製トリプルガラス樹脂サッシの勉強会。メーカーさんに来ていただきました。
ドイツ基準の高性能サッシ。U値:0.91w/(m2.k)だそうです。結露の心配もなく断熱性が向上するとのこと。
ますます、快適な家づくりができそうです。

さて、
これから一緒に住まいづくりのお手伝いをさせていただくお施主様からメッセージをいただいております。
シリーズでお伝えしていましたが本日最後となります。
『永本建設にお願いする理由』その3
6.長女のシックハウス対策
  ・新築のマンションに入居してから喘息を発症。現在までひきずっているので、なるべく化学物質を使用していない家を希望
  ・新築のモデルルームに入ると「うーくさい~たえられない~」と泣く。
7.住育ができる
  ・気を見ながら生活→自然の循環を自然と考える
  ・職人さんの技を見ながらそのよさを自然と目に焼き付けておける
   →将来、危ないものに引っかからないようになる。
    怪しい宗教の、お金と早さで建てられた建物にだまされない。
    手間暇かかってないのに高額な物を買ってしまわない(アクセサリー・置物等)
  ・電気を使わない時代の知恵と技を感じ取る。
  ・木と生活することにより、いい生活習慣を身につける。
   →濡れたタオルを床に置きっ放しにしない等
   →年に一度のワックスがけをみんなでやる→ものを大切にする、思い出もできる、達成感が味わえる。
   →傷ついた木を削ったり、温風を当てたりしてなおす・・・自然の柔軟性、弾力性を学ぶ
   →かびさせてしまった木を見る・・・自然のはかなさ、風の大切さ 手入れの大切さを学ぶ
    (子どもというか自分もかなり学ぶかも・・・)
    (親が口で言うよりもかなり効果があり)
とても感性豊かなご家族です。
これからの家づくりが楽しみでなりません。
N様ありがとうございます。
すべてに感謝 永本ひとみ拝
ながもと建設 この記事の投稿者:ながもと建設
ながもと建設
この記事の投稿者:
ながもと建設
  • お問い合わせ・資料請求
  • イベント情報
  • リフォーム
  • 施工事例
  • 手仕事の家
    ページ先頭へ
    お問合せ