ブログ
  1. ホーム >
  2. ブログ >
  3. スタッフブログ
> 【3日間のインターンシップ】

ブログ

【3日間のインターンシップ】  永本建設|広島県産材・外断熱工法の注文住宅、リフォーム、リノベーション

投稿日:2019年08月7日

こんにちは。広商から永本建設さんへ3日間インターンシップにきた2年生です。初めてのブログで文章がおかしくなるかもですが、頑張って書きたいと思います!

インターンシップ最終日にリノベーション工事中S様邸へ見学しに行きました。父の仕事の関係で家の内装だったりを見るのが好きなので、今回のインターンシップで一番楽しみにしていました。S様邸にお邪魔して、一番に、めちゃめちゃ暑い…。暑くても中でずっと作業している大工さんは本当にすごいなと思いました。

見学したS様邸はもともと分かれていた部屋を一つの部屋にしていて、圧迫感がなくとても開放的で広々していました。自分が将来結婚して、家を建てたらこんなものがあったらなぁ…ほしいなぁ…というものが3つもありました!

1つ目はこれです!

これはランドリー室で、洗濯機で洗った服を室内で乾かしたり、すぐ隣が外につながっているので取り出しやすいし、乾かしやすい!入ると思ったよりも広くて、雨で服が干せなくても家族みんなの服もらくらくと干せると思います。アイロン台もおけるカウンターを取りつけるらしく、このお部屋は奥さんを助けてくれるお部屋になりそうです。

2つ目はこれです!

ここにはキッチンが入る予定で、シンクとテーブルが合体するらしくとてもおしゃれなキッチンに変身します。冷蔵庫のスペースもあり、横には大きな窓もあり、風通しがよく、こんな広々としたキッチンで料理したらすべてがおいしくなりそうです。

3つ目はこれです!

これは2Fの男の子のお子様のワークスペースになるところです。ここのスペースだけ一段上がっていて、仕切りはないけれど仕切られている感があり、大きくなったらここでこもって勉強したり…。隣にはボルダリングも設置予定で、男の子には嬉しいお部屋になると思います!

 

1Fの窓には障子が付いていて、和風な感じで、永本建設さんのモットーである地元の木を使った温かみのあるお家になりそうです。

 

 

一通り見学して、最後に作業されていた大工さんにお話を聞きました。

Qどうして大工さんになろうと思ったんですか? ― もの作りが好きだから。

私はこれを聞いて、やっぱり自分の好きなことを仕事にできるっていうことは素晴らしいなと思いました。でも、考えながら作るのが難しかったり、夏は作業が暑いから大変だったり…など大変なことが多くても、完成したときにお客様が喜んでくれる。私も自分の好きなことが誰かのためになる、誰かが喜んでくれるような仕事をしたいなと思いました。

 

最後に...

今回のインターンシップで自分の将来について深く考えられる場面もあり、中学校の職場体験とは全く違う経験になりました。永本建設さんの経営理念の【地域に貢献】というものは建築業だけではなくいろんな職業だったり、日頃の生活にも当てはまることだなと思いました。見学させてもらったS様邸もただきれいにするリフォームだけではなく、住む人がより快適に過ごせるように、住む人のニーズに合わせた設計で、【人に貢献】している家だなと思いました。

永本建設さんにインターンシップに来れたおかげで、「好きなことを仕事にしよう。」「世界に貢献できるようなしごとをしよう」と、自分の将来のイメージができました。

インターンシップ先として、受け入れてくださった永本建設さん、お世話になりました。ありがとうございました。

 

ながもと建設 この記事の投稿者:ながもと建設
ながもと建設
この記事の投稿者:
ながもと建設
  • お問い合わせ・資料請求
  • イベント情報
  • リフォーム
  • 施工事例
  • 手仕事の家
    ページ先頭へ
    お問合せ