永本建設株式会社

広島の木を使う

地元産の木材を、大工が1 本1 本愛でながら刻み、
昔から伝わる工法で組み立てる、
瀬戸内の気候・風土に合った家づくり。
それは「消耗品の家」ではなく「地域をつなぐ家」なのです。
地元産の木材を、大工が1 本1 本愛でながら刻み、昔から伝わる工法で組み立てる、瀬戸内の気候・風土に合った家づくり。
それは「消耗品の家」ではなく「地域をつなぐ家」なのです。

木にこだわることは、家づくりにこだわること

私たちが手がける家は、木造住宅です。その名の通り、木をふんだんに使用します。つまり、木にこだわることは、家づくりにこだわることでもあるのです。私たちのこだわり。それは、日本の木、特に地元・広島のものを使うこと。なぜなら、木が広島の風土を知っているからです。
広島の風に吹かれ、雨に育てられ、土に生かされてきた木材だからこそ、広島の気候に順応した耐久性や、優れた調湿性を持ち合わせているのです。
もちろん、そのような機能性だけが木の持ち味ではありません。木は空間にぬくもりを与え、人に安らぎを届けます。人生を一番近くで見守る家だからこそ、あたたかく人を包み込む木を、これからも厳選して使っていきたいと考えています。

丸太ごと仕入れる独自の製材ルート

伐採された丸太を買い付け

一般的に木材は、山に生えている状態から家になるまで、「伐採業者・市場・製材所・材木店・プレカット工場」など様々な業者が関わることが一般的です。多くの業者が関わるということは、そのたび運賃がかかるため、運搬回数が増えれば材木の単価は上がっていきます。
永本建設では林業林業家、材木店との独自の連携により、地域の山から伐採された木材を丸太の状態で買い付けています。よい木材をコストを抑えながら扱い、製材の残りで出た羽柄材も無駄なく造作材や家具として使い、さらに地域の林業活性化にも貢献します。

製材~乾燥

買い付けた丸太は材木店で賃挽き後、半年かけて自然乾燥させます。無垢材は乾燥が悪いと後で狂ってきますが、だからといって高温乾燥にかけると色がくすみ、木材の細胞が破壊され強度も落ちてしまいます。永本建設では広島県産材を時間をかけて天然乾燥させ、仕上げに低温乾燥をかけています。こうすることで木材そのものの色つやが美しいまま、狂いの少ない強固な構造材に仕上がります。

加工~手刻みへ

乾燥が終わると加工所へ持ち込み、両面と左右面の4面共にプレーナーを四方プレーナーをかけたのち、永本建設の刻み場へと運ばれます。
運ばれた木材は棟梁の目利きにより、どの部材を家のどの部分へ使うか、木材の特性や木目などを総合的に判断し振り分けられます。こうすることで、「より木目の美しい木材を化粧材に使う」「木材のもっとも美しい面をよく見える方向に使う」「節などのある木材は壁に隠れる部分に使う」などの使い分けができるのです。

木の個性を、適材適所に見極める。

「木材」とひとことで言っても、その種類はじつに様々。
一般的に住宅建材として用いられるものの中には、杉、ヒノキ、松などがあり、それぞれに性質が異なります。たとえば、高価なことでも知られるヒノキは、優れた耐水性・耐久性をもち、強度も強いため、柱や土台などに使用。また、松は粘りがあり、特に圧縮力に強いため梁や桁などの横架材に使われることが多くあります。これらの性質を熟知したうえで、一本一本違う木の育ち方、個性を見極め、適材適所に使用していく。そんな「見極めの技術」は、長年の経験と知識を持ち合わせている大工職人ならではのもの。私たちが自社で大工を育成しているのは、「素材からこだわる」という意思の表れでもあるのです。

私たちが手がける家は、木造住宅です。その名の通り、木をふんだんに使用します。つまり、木にこだわることは、家づくりにこだわることでもあるのです。私たちのこだわり。それは、日本の木、特に地元・広島のものを使うこと。

ヒノキ

光沢がある木肌の白さと独特の香りが人気。伐採できるまでに成長するには長期間かかるため、杉よりも高価です。

針葉樹の中では、重く堅く、強度があります。木肌も面白さも楽しめ、重厚感を演出するには好適。

〒738-0024 広島県廿日市市新宮二丁目14番12号
TEL 0829-31-6655 FAX 0829-31-5855



〒738-0024
広島県廿日市市新宮二丁目14番12号
TEL 0829-31-6655
FAX 0829-31-5855


お電話でのお問い合わせ

TEL 0829-31-6655

受付時間:9:00~18:00
(毎週水曜・第四日曜は除く)

(c) 2020 nagamotokensetsu All rights Reserved.
イベント
お問合せ
資料請求
ページトップへ