ブログ
  1. ホーム >
  2. ブログ >
  3. スタッフブログ

ブログ

ペレットストーブ仕込み作業!

投稿日:2020年02月2日

最近少しまともな寒さを感じるようになってきました。

やっと先日の朝、車のフロントガラスが凍ったので急いで水をかけて溶かす作業をしました。

冬よ、おはようございます!

さて、そんな冷えた日に庄原までペレットストーブの煙突貫通部分のスリーブを入れに行ってきました!

さすが暖冬!庄原も一切雪はなし!冷えたから少しはあると思たのに!

ですが気温は低かったのでまぁまぁ寒かったです。

今回は他社様での改装工事にストーブ業者として施工させて頂いてます。

左が着工前、右が先日の様子になります。

  

薪ストーブもペレットストーブも同じですが、煙突を外部へ抜く際には構造材をかわして抜かないといけません。

写真でもわかるように、壁に「筋交い」が入ってますね。これは構造上必要な部材なので切ったり欠いだりはできません。

今回は片筋交いでしかも煙突に影響のない方向でしたが、これがダブル(×の字で入っている)の場合や煙突に当たるように入っている場合がありますので我々もかなり慎重になります。(プランの際は、筋交いがダブルで入っていることを想定して図面を書きます)

無事に煙突位置も出せてスリーブも入ったので、あとはお家が仕上がるのを待つばかりです。春に設置に伺います!

そして、前回のブログでも書きましたが、現在ホームテレビさんの「古民家DIYプロジェクト」へ参加しておりますが、いよいよ佳境に入って参りました!

作業としては煙突も設置し終わりまして、あとは本体の設置のみ!

そしてついに、今週の金曜日に放送されます!

実は1月24日放送分に、ほんの少しチラッと映ったのですが、この前馴染みのお好み焼き屋のおかぁさんに「テレビでとった?」と聞かれました。

テレビの力おそるべし(笑)

今度はガッツリ出ます!(笑) ちなみに、2月14日もガッツリ出ます!

Mr.T この記事の投稿者:Mr.T
Mr.T
この記事の投稿者:
Mr.T
  • お問い合わせ・資料請求
  • イベント情報
  • リフォーム
  • 施工事例
  • 手仕事の家
    ページ先頭へ

    「そらやまの丘」街づくりレポート①

    投稿日:2020年02月1日

    昨年12月中旬より着工中しております、弊社の「街づくり」を一部ご紹介させていただきます。

     

    立地は広島市西区に位置しており、付近には「ジ・アウトレット広島」が開業されていますので場所のイメージはつきやすいかと思われます。

     

    この度の街づくりの全体施工面積は「約840坪」あり、その中には「住宅用地全8区画」、後に広島市へ寄附し市道認定される予定である「幅員約6メートルの道路」が含まれています。

     

    まずは街のインフラ整備からスタートです。

    大きなミルク瓶みたいな形状のコンクリート製品が現地に搬入されています。

    近づいてみると・・・

    これはどこで使用されるものでしょうか?

    内径90㎝あり、昇降用ステップが取付されています。どこで使用されているのかというと・・・

    地盤面下に埋め込まれています。

    もうおわかりですね・・・

    下水道のマンホールでした。

    本来下水道が整備されていない場合は、合併処理浄化槽を敷地内へ設置し、汚水・雑排水を浄化した上で最寄りの道路側溝や水路へ放流します。

    しかし、この度は幸い近くまで公共下水道が整備されておりましたので、「区域外流入許可」を受け、浄化槽を設置すること無く、最寄りの汚水本管へ放流可能となりました。

    このマンホールは全10箇所に設置され、各マンホール間を径200㎜の硬質ポリ塩化ビニル管で接続され、さらに各区画へと分岐していきます。

    続いて、雨水処理の為に、汚水経路とは別に道路の両脇に側溝を設置していきます。

    広島市旧市内の一部では、汚水も雨水も一緒に下水処理場まで送る「合流式」下水道の地区が残っています。汚濁物を含んだ雨水も処理場で処理されますが、ゲリラ豪雨時は汚水の一部が未処理のまま河川等へ放流されてしまいます。

    最近は汚水と雨水を完全に別経路とした「分流式」下水道が採用される事が主流です。汚水は処理場へ、雨水は河川や海へ直接放流されますので、環境面や衛生面で優れた方式といえます。

    現在、側溝が全体の約7割程度設置され、道路の形状が明確になってきましたので街並みがイメージしやすい状態になりました。

     

    今月末からは給水と都市ガス工事が行われる予定です。同ブログ内で改めて進捗をお知らせさせて頂きます。

     

    また、今年の3月末に造成完成予定に先立ちまして弊社HP内に特設サイトを開設しております。ご興味のある方は是非ご覧ください。

    ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓ ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

    注文住宅用地「そらやまの丘」特設サイト

     

    yoshijun この記事の投稿者:yoshijun
    yoshijun
    この記事の投稿者:
    yoshijun
  • お問い合わせ・資料請求
  • イベント情報
  • リフォーム
  • 施工事例
  • 手仕事の家
    ページ先頭へ

    そらやまの丘サイト公開

    投稿日:2020年01月31日

     


     

    2020年3月下旬造成完成予定、
    注文住宅用地「そらやまの丘」特設サイトを公開しました。
     

    「そらやまの丘」とは、永本建設の暮らし提案型注文住宅用地。
    住人が共有できる畑や、自然に囲まれたお散歩道など…広島市中心部から20分という利便性を大切にしつつも、
    日本の里山を感じながら暮らせる全戸8区画の小さな丘です。
     

    宅地には、板張りの外壁推奨やお庭の緑化など、
    その区画全体での景観を守り、心地よく住み続けるための紳士協定が策定される予定です。
     

    自分の家だけでなく、コミュニティ全体で美しい街並みや心地よい暮らしをつくり上げたい。
    住人同士助け合い、ともに良い関係を築いて行きたい。
    週末に家庭菜園を楽しんだり、薪ストーブで暖を取ったりするエコでロハスな暮らしをしたい。
    家づくりに対して、そんな夢をお持ちの方にきっとフィットする場所になると思います。
     


    特設サイトはこちら

     

    「そらやまの丘」現地見学は4月ごろから可能で、春には楽しいイベントも開催する予定です。
    みなさんにお披露目できるのを楽しみに、造成工事が着々と進んでいますので、完成をお楽しみに♪
     

    また、物件についての詳細は、
    「資料請求」申し込みフォームよりお申込みくださいませ。
     

    かじたに この記事の投稿者:かじたに
    かじたに
    この記事の投稿者:
    かじたに
  • お問い合わせ・資料請求
  • イベント情報
  • リフォーム
  • 施工事例
  • 手仕事の家
    ページ先頭へ
    お問合せ