ブログ
ホーム > ブログ

ブログ

投稿日:2020年06月21日

巷では公職選挙法違反や多目的トイレが話題になっているが、私の中ではコロナの影響が深刻な状態になっている地域のことが心配でならない。少しづつ規制は緩和されているが今までのような活発な活動はできず。売り上げが落ち込んでいる経営者の悩みを聞くことが多い。
当然地元では飲食業、そして宮島を始めとする観光業の落ち込みは深刻です。政府の対応もありますが如何せんすべての業者には対応できなく廃業がする企業が増えています。
私のような地域工務店は地域の人が元気でないと成り立ちません。
まずは地域の方々が安心して暮らせるようになるといいですね。

少しでもそんな小売業の応援をしたいと廿日市の若者が観光客が来なくなった大型バスの駐車場をお借りして「廿日市にぎわい市」を開催している。
自分のためよりも人様ためになることをしたいと有志で頑張っている。そんな姿を見ていると廿日

市も捨てたものじゃないと感心します。

彼とは昨年のグランピングでお世話になりました。その時の段取りの仕方やアイデアにほれ込んでしまいました。机上論だけのアイデアマンはいますが、額に汗するアイデアマンに合った感じがいたしました。協力したくなるそんな若者です。

それに引き換え、今のところ広島県で唯一コロナ対策の経済支援をやらないと決めた廿日市市に失望しています。

派閥争いや前例がないとコロナ対策の経済支援すらできない政治家にあきれているところです。
自分のことしか考えない政治家など必要ありません!
何のために政治家になったのか聞いてみたいと思います。

我が社では、目の前にある課題に感謝の気持ちを持って全力で取り組もうと日々社員に伝えています。仕事があることがこんなにもありがたい事なんだと。日々を暮らせることがどんなに幸せなことか?

コロナの影響で大きく暮らし方が変わる中で、昨日は上棟祭、そして今日は地鎮祭とこれからの仕事が続き、毎日が感謝の連続です。

代表取締役 永本 清三 この記事の投稿者:代表取締役 永本 清三
代表取締役 永本 清三
この記事の投稿者:
代表取締役 永本 清三
  • お問い合わせ・資料請求
  • イベント情報
  • リフォーム
  • 施工事例
  • 手仕事の家
    ページ先頭へ
    投稿日:2020年06月20日

    暑くなってきました。

    山の緑も色濃く力強くなってきました。

     

    先日は、古民家の改修をさせて頂いております。

    現場に伺いました。

     

    築200年ほど、お家の改修です。

     

    今回の玄関の土間の一部をリフォームしております。

     

    段差が大きく、暗くて、寒かった玄関土間を

     

    段差を小さくし、光を入れ、断熱し、薪ストーブを入れて暖かくみんなが集まり楽しめる場所にします。

    現在は、大工さんの木工事中、防湿のためのコンクリート打設、床の下地が終わりました。

    一部外壁の中を見ることができたのですが、竹で小舞をくんだ土壁です。

    200年ほどのまえの仕事ですが、きれいな状態で今も役割を果たしております。

     

     

    200年まえと今の家づくりは、性能、意匠、コストも大きく変わってきていますが、

    この先の未来も、家の見えない所をあけた時にいい家づくりをされていたどうかというのは、この様にわかる時がきます。

    その時にも恥ずかしくない家づくりをこれからも心掛けていこうと

    改めて感じた一日でした。

    永本 和磨 この記事の投稿者:永本 和磨
    永本 和磨
    この記事の投稿者:
    永本 和磨
  • お問い合わせ・資料請求
  • イベント情報
  • リフォーム
  • 施工事例
  • 手仕事の家
    ページ先頭へ
    投稿日:2020年06月16日

    こんにちは!

    夏と梅雨、今年も同時にやってきましたね・・・。

    私な最近、永本建設の新しい作業場でコンクリートを打設しておりました。社長や専務、自社大工さんに型枠や打設まで手伝ってもらったのですが一日外にいると腕や顔が日焼けで真っ赤!!本当にお疲れさまでした・・!!!

     

    ただコンクリートを打設するだけでは面白くない!ということで。杉の野地板を“浮造り”(うづくり)にして、模様を壁に転写することにしました。

     

    浮造りとは、板の表面を固いブラシなどで磨いて凹凸をつけ木目を鮮やかに仕上げる加工のことです。

    今回は浮造り風の板を使い型枠を組みました。

    先ほど記述した通り本当は固いブラシや萱(カヤ)の茎を束ねたもので磨いて凹凸をつけるのですが、あまり時間もかけていられません!!高圧洗浄機でバアーっと削り出します!

    型枠を外す前は「少し粗すぎはしないだろうか・・。」と不安でした。

     

    ドキドキの養生期間の後いよいよ脱型枠です。

     

    板目はばっちり転写できています!!普通の野地板型枠よりかなり濃く模様が残せました。

    高圧洗浄機で削った分少し板の毛羽立ちも残ってしまいました。外構の門柱などで使うときはこの毛羽立ちはブラシやサンドペーパーで取り除いたほうがよさそうですね。

     

    外構工事では門柱や擁壁、もしかするとアプローチにも使えそうです。貴重な経験値を積むことができました!

    ささか この記事の投稿者:ささか
    ささか
    この記事の投稿者:
    ささか
  • お問い合わせ・資料請求
  • イベント情報
  • リフォーム
  • 施工事例
  • 手仕事の家
    ページ先頭へ
    お問合せ